English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

「たにゃばたまつり」ってニャンだ?!

2016年07月07日21:46

本日7月7日は、七夕の日。

 

梅雨時ということもあり、曇り空で天の川が見えない地域も多いかもしれませんが、
雲の上では、織姫と彦星が、年に一度の逢瀬を楽しんでいることでしょう。
逆に地球のヒトビトにじろじろ見られることもなく、
プライベートが保たれて、喜んでいるかもしれませんね。

 

ところで仙台では、7月7日ではなく、8月7日が七夕の日です。
東北三大祭りの一つに数えられる、「仙台七夕まつり」をご存知の方も多いのでは。
地元では「たなばたさん」と呼ばれ親しまれているこのお祭り、
今年は8月6日(土)から8日(月)までの3日間開催されます。

 

そして仙台七夕まつりといえば、思い浮かぶのは巨大で色鮮やかな七夕飾り。
お祭り前から、各商店街が手づくりで、一つ一つ準備しています。
仙台中心部の商店街で飾られる七夕飾りは、
長さ10メートル以上にもおよぶ巨大な竹を使用します。
この竹を挿す、専用の穴まであるのですよ!
知らなかった!という人は、ぜひ探してみてくださいね。

 

飾りの内容は、当日まで企業秘密。
豪華絢爛な巨大七夕飾り一本の価格は、数十万~数百万円もすると言われ、
アーケード街にずらりと並ぶ姿は、まさに壮観です。

 

もちろん、各店の店先にも、美しい和紙を使った七夕飾りが飾られています。
小さいながらも、ひとつひとつが愛おしい、手づくりのもの。
七夕飾りが軒先にある風景をそこここで見ることによって、
このお祭りが、仙台に根付く、
地元の人たちにとって大切なお祭りであることを実感します。

 

さて、その「仙台七夕まつり」、
今年はなんと、「たにゃばたまつり」なるものがお目見えするそうですよ!

「たにゃばたまつり」とは、京都在住のイラストレーター・岡田千夏さんが描かれたイラスト、
「仙台たにゃばたまつり」のこと。
仙台にある猫のアート専門店「またたび堂」さんが、
仙台七夕まつりをモチーフにした作品制作を岡田さんに依頼したのが初まりなのだそうです。

 

このイラストで描かれている5つの七夕飾りを実際に作成して、
東北にニャンとも言えない笑顔の花を咲かせよう!
ということで立ち上がった「たにゃばたまつり実行委員会」さん、
クラウドファンディングで資金をつのったところ、見事にクリアしたそうです。
締切まで約1カ月ある中で、
既に目標額の2倍超の支援を集めているというから、驚きですね。

 

今は作成中だと思いますが、お祭り当日が楽しみですね。
猫好きの皆さん、ぜひ、仙台七夕まつりにお越しいただき、
「リアルたにゃばたまつり」をご覧ください!

 

◆仙台七夕まつり
http://www.sendaitanabata.com/

 

◆クラウドファンディングサイト「Makuake」
「ニャンともかわいい♪ねこ型七夕飾りで、仙台七夕まつりをもっと盛り上げたい!」
https://www.makuake.com/project/tanyabata/

————————-

 

 

さて、猫と言えば、猫の島「田代島」。

 

たびむすびでは、今年も「田代島夏のウィークエンド便」を実施しています。
6月25日(土)実施の6月便では、参加者の半数が県外からお越しでした。
お天気や波の状況が心配されましたが、無事に島へ渡ることができ、
雨上がりの空の下、猫たちも顔を出してくれました。

 

もし万が一、実施決定後の欠航で島へ渡れなかった場合でも、
松島の猫寺「天麟院」や、「たにゃばたまつり」の発端でもある
「またたび堂」さんなどを訪れる予定です。

 

牛に引かれて善光寺、ではないですが、
猫に引かれて田代島、も、また楽しではないでしょうか。

 

直近の「田代島夏のウィークエンド便」7月便は7月23日(土)出発、
申込締切は7月14日(木)です。
下記URLからお申込いただけますので、ぜひ、ご参加ください。
県内外からのたくさんのお申込、お待ちしております!

 

◆「田代島夏のウィークエンド便」
[7月23日(土)発] ※7月14日(木)申込締切
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150725

 

[8月27日(土)発] ※8月12日(金)申込締切(★申込締切が早まりました:更新7/31)
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150822

 

201210211048000

多種多様なタイプでお待ちしてます

 

 

 

カミサマは誰だ?!ご近所の神社を読み解くまちあるき!

2016年06月21日08:36

昨夜は薄雲りながら満月がきれいな仙台でした。

本日は、夏至。

1年でもっとも日が長い日です。
一日が長くなったようで、なんだか得した気分ですね。

ちょっと気が向いて寄り道をしても、暗くなるまで、まだ大丈夫。

そんなこの時期だからこそ、

ご近所の気になっていた路地をひょいと曲がって、

ふらりと覗いてみるのもいいかもしれません。

 

さて、本日ご紹介するツアーは、6月26日(日)開催のまちあるき、

【仙台めんこいツアー004】
裏道散歩 身近なカミサマを訪ねてみよう

です。

ガイドを務めるのは斉藤 一則さん。旅行好きで、神社仏閣にも詳しく、これまでにも数々のまちあるきで、色々な方々をご案内しています。

博識な斉藤さんのガイドは、雑学好きのココロを刺激する楽しさがいっぱい!

一つのことからお話が広がって、聞いていて飽きることがありません。

これは?あれは?と、たくさん質問したくなること請け合いです。

 

そんな斉藤さんに今回ご案内いただくのは、地下鉄東西線の「薬師堂」駅から、地下鉄南北線「河原町」駅付近あたりの裏道を歩くコース。小さな神社などが多くあります。

ここに限らず、仙台市内は、非常に神社が多いと感じていますが、皆さんも、いつも歩く道の近くに、見過ごしている小さな神社があったりしませんか?

神社やお寺をめぐるコースですと、通常、建物や、中の御本尊に目がいき、それらをガイドすることも多いのですが、本ツアーでは、そういったことよりも、「ここで祀られている神様は、いったい誰なのか?」ということにスポットをあててご案内します。

 

そう言われてみると、普段何気なくお参りしていながら、誰に対してお参りしているか、よくわかっていなかったように思います。

このツアーでは、ちょっと知ってると自慢できる?!神社の見どころポイントを教えてもらいます。

ツアーに参加した後は、ご自分のご近所の神社をよーく見てみてください。

あ、ここはこの神様なんだ!

自分でそんな発見ができたら、明日からのまちあるきが、もっともっと楽しくなります。

 

寄り道、雑学、人生に必ずしも必要なものではないかもしれませんが、知ることで、少し、人生が豊かになるかもしれませんよ。

この週末、ぜひ、一緒に裏道探検で楽しみましょう!

お申込み締め切りは、6月23日(木)です。お急ぎを!!

 

【仙台めんこいツアー004】6月26日(日)出発:

裏道散歩 身近なカミサマを訪ねてみよう

ちなみにこれは台原駅付近の神社。わかるかなー?

ちなみにこれは台原駅付近の神社。わかるかなー?

仙台”基本の基”を知る?!まちあるきツアーへGO!

2016年06月03日21:17

梅雨前の、夏至前の、緑明るく風さわやかな美しい仙台。
街を歩いても気持ちが良くて、なんだか疲れずにどこまでも歩いていけそうな錯覚を起こします。
流れる景色も、流れる時間も、歩く早さ程度が一番心地よいのかもしれません。

 

さて、今月の「仙台めんこいツアー」は、ガイドブック「仙台ふららん」を基に歩くコースとなっています。

「仙台ふららん」とは、歴史ある仙台の魅力を伝えたい、新しい街の魅力を伝えたい、仙台のおいしいものを知らせたい・・・などなど、仙台に深い愛情を持った皆さんにご協力をいただいてできあがった、新しい視点のガイドブックです。仙台市が昨年度発行したものであり、市内各所にて無料で配布されています。

 

今回ご紹介する6月25日(土)のツアーは、仙台名物を食べ歩きしながら、御利益スポットを歩く、仙台中心部のまちあるきコース。定番でありながら、意外と知らない?!仙台人も多いかもしれません。題して、仙台名物を片手に、マチナカ御利益散歩」

 

仙台駅からスタートして、一番町まで歩くゴールデンコース。
グルメ、歴史を踏まえた、ちょうどよい2時間です。
このコースの魅力を体感していただいて、次はあなたが、ご家族やお友だちをご案内してください。すました顔で同じコースをガイドすれば、感謝されること間違いなしです。

 

本ツアーの基となっている「仙台ふららん」に記載のコース作成者は、東北の魅力を世界に向けて発信するべく奮闘中の後藤光正さん。
そして6月25日(土)当日ガイドをつとめるのは、笑顔が優しい長身のナイスガイ・奥村健さん。ソフトな物腰と柔らかい語り口が素敵です。

 

ちなみに、奥村さんのガイドするコースは、「仙台ふららん」のコースからちょっとアレンジを入れています。自称「仙台のスイーツ王子」らしく、大人気の「ずんだシェイク」からスタートです。道中でも、「仙台ふららん」には記載のない、奥村さんならではの解説も飛び出すかもしれませんね。

 

最近仙台へ来た方も、結構前から住んでる方も、ずーっと昔から住んでる方も、一緒に楽しくまちあるきしませんか。
昨日見ていた景色では気が付かなかった発見があるかもしれませんよ。

そう、それこそがガイドさんと一緒に歩くまちあるきの醍醐味です。

ぜひ、ご参加ください!

 

【仙台めんこいツアー003】6月25日(土)出発:

仙台名物を片手に、マチナカ御利益散歩

forHP

やっぱり焼きたては美味しいのだ!

 

★「仙台ふららん」(リンク先はweb版です)

sendai_fraran

無料で配布中!ぜひお手に取ってね。

 

 

 

 

 

 

 

GW期間中の営業について

2016年04月29日07:55

皆さんこんにちは。大型連休突入ですね。

皆さまのご予定は、如何でしょうか。

 

たびむすびは、GW期間中の4/29(金)~5/8(日)までの間、お休みさせていただきます。

メール等でのお問合せについても、お返事はGW明けとなります。

何卒ご了承ください。

 

5/9(月)以降、ご案内させていただきます。

元気な姿でお目にかかれますよう、皆さま、よき休日をお過ごしくださいませ。

 

 

ちょっとお休みにゃ

猫

毎月第4日曜日は骨董市へ

2016年04月20日08:30

熊本での地震が続いています。

ご親族、ご友人のいらっしゃる方、ご心配のことと思います。

少しずつ、交通網も復旧してきたとはいえ、依然厳しい状況が続いています。

早く落ち着いてくれることを祈らずにはいられません。

 

4月16日(土)は、”「おのくん」と一緒に行く 東松島~女川 体感の旅。” ツアーで、

東松島と女川へ行ってまいりました。

どちらも、まだ仮設住まいの方も多く、嵩上げ工事が続いている場所ですが、

今回の熊本の地震を受けて、いち早く募金活動をされていたことに胸をうたれました。

何に困っているか、何が必要か、震災の当事者であるからこそわかることでもあります。

自らも困難の途上にある中での迅速な対応、深い思いやりの姿勢に、

あらためて多くのことを学んだ思いです。

 

さて、今週末は、仙台東照宮で、毎月第4日曜日に開催される骨董市があります。

たびむすびでは、昨年ご好評をいただいた「仙台めんこいツアー@東照宮」を今年も実施いたします。

 

現在のところ、ツアー実施日の4月24日(日)午前中は、お天気もよさそうです。

新緑も美しく、ぽかぽか陽気も増してきた中、ぜひ、お出かけください。

 

ガイドをつとめるのは、「和」の文化や、伊達藩の歴史に詳しい佐藤康子さん。

優しく楽しい語り口で、骨董市の楽しさのほか、宮町近辺の魅力的なお寺、お店もご案内します。

東照宮の骨董市では、着物も取り扱っているので、和装に興味がある方は、この機会に康子さんに相談してみるのもアリかも!

 

21日(木)までお申し込みを受け付けます。

webフォームからお申込できますので、どうぞ皆さまご参加ください!
【仙台めんこいツアー001】4月24日(日)出発:東照宮と門前町の魅力を再発見

CIMG5624

骨董市の様子。賑わっています!

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5610

さすが東北。こけしもたくさんありました。

まだまだおのくん!東松島・女川へ行こう!

2016年04月06日23:12

ご無沙汰しているうちに、一気に桜が咲きました!
仙台も満開宣言が出まして、心もウキウキしてきます。

 

さて、本日が申込締切だった、4月16日(土)発
〝「おのくん」と一緒に行く 東松島~女川 体感の旅。”
は、催行が決定しましたので、お申し込みを延長することにしました。

 

4月12日(火)まで、受け付けます。
webフォームからの他、FAX、お電話でもお申込み可能です。
東松島で、かわいいソックモンキー「おのくん」をゲットして、

一緒に女川町を訪れましょう!

 

当日は、おみやげやサプライズも。
本ツアーならではのお楽しみです。ご応募、お待ちしております!

 

〝「おのくん」と一緒に行く 東松島~女川 体感の旅。”
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20160416

 

陸前小野駅前の「空の駅」には、おのくんベンチが!
onokun_benchi

 

 

スタッフも里親さんですー
我が家の、おのくん。
onokun

 

★「おのくん」公式ホームページ

★「おながわたび」(女川町観光協会)

名取が熱い!

2016年02月22日15:21

2月22日、今日は「おでんの日」であり、「猫の日」なんだそうです。

フーフーフ―とニャーニャーニャー。

De Do Do Do De Da Da Daはポリスですが。(分かる人にはわかります)

 

さて、最近ツアー情報のアップが続いているたびむすびですが、

今回は名取市の無料モニターツアーを2つご紹介します。

一つは、外国人の皆さんを対象としたモニターツアー、

もう一つは、どなたでもご参加できる復興支援モニターツアーです。

 

どちらも海側の閖上地区から、山側の高館山方面まで、

名取の今と昔を踏まえてめぐるツアーとなっております。

 

2年前に仙台へ来たスタッフ吉川にとって、名取市といえば仙台のベッドタウンのイメージしかなく、新興住宅地、イオンモールのある街、という認識でした。

 

ところがどっこい、昨年末に名取のまちあるきツアー「ブラナトリ」に参加させていただき、名取の地を歩きに歩き、ここが如何に歴史上そして地質上?!面白い土地であるかということを体感しました。

また、初めて訪れた閖上地区では、これまで報道で知ったつもりでいた情報が、如何に部分的なものであったかを痛感させられました。

 

これは、宮城県に住むようになってからずっと感じていることですが、テレビや新聞、youtubeから得られる知識・情報というのは、実態を100とすると、10程度、いやそれ以下の量しかありません。

 

視覚に訴える情報、刺激的な映像や刺激的な言葉は、ある部分にだけ強く訴えかけてしまうため、その裏側にある多くの情報を見えなくしてしまう危険性があります。

 

でも、多くの大事なことは、そのこぼれてしまっている情報の中にあります。

これは震災に限ったことではなく、多くの事件など、あらゆる社会現象について言えることです。

 

実際に目で見る、当事者の話を聞く、その地を体感する、ということは、「如何に自分が知らないか」を知る唯一の術ではないかと思います。

 

復興に向けて歩んでいる名取市の現状、そしてこの地の歴史、魅力、知らなかった色々に触れて、あらためて名取市の潜在的な面白さに気が付いてもらいたいと思っています。

たくさんのご参加、お待ちしております!

 

—————————————————-

◆3/ 6(日)発 日帰り

名取復興支援モニターツアー 「名取今昔物語」

 

◆3/13(日)発 日帰り

インバウンドモニターツアー 「Monitor tour in Natori

 

 

名取と言えばのセリ鍋も熱い。

フーフーしてね。

(ゆりあげ港朝市より)

12746073_742679099196380_1582849854_n 12782275_742679102529713_2047338823_n

 

ツアーいろいろ出そろいました!

2016年02月18日01:09

全国的に暖冬の今年。

近所の庭に梅が咲いているのを発見してびっくり。

仙台って、今の時期に咲いてたでしょうか。

 

さて、今年もいろいろ、たびむすびならではのツアーを実施。

手しごと体験のツアーから、昨今再ブームのこけしにまつわるツアー、

おなじみ鳴子温泉に、今年もやります、まちあるき&田代島。

逃していたあの旅この旅を今年こそ。

皆さまぜひ、お出かけください!

 

<【「手とてとテ」特別企画ツアー】>
仙台市制作の伝統工芸品PRサイト「手とてとテ」による手しごと体験ツアーです。

 

◆しの竹細工と伊達な伝統食(定員20名)

2016年3月10日(木)仙台駅発着
伊達家の旧城下町・岩出山にて、古民家を改装した農家レストラン「凛菜・上の家(かみのいえ)」での昼食と、岩出山の伝統工芸品である「しの竹細工」の一輪挿し作りをお楽しみいただきます。初めてでも、完成まで丁寧に指導。伊達な食と手しごとの体験ツアー、この機会にぜひ。
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20160310

 

◆~仙台・宮城のてしごとに出会う~ 秋保フリープラン(1名様からOK!)

「秋保工芸の里」での手しごと体験と、「Cafe HACHI」での本ツアー限定特別ランチ、仙台駅からのバス往復券がセットになった、おトクなフリープランです。
秋保・里センターでは「手づくりおひな様展」も開催中!あわせて、お楽しみ下さい。

【期  間】2016年2月11日(木・祝)~ 3月21日(月・祝)仙台駅発着
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20160211

 

 

—————–

<鳴子を楽しむツアーとお得な「ナルヘイプラン」>

 

◆こけしと温泉とホッと楽しむまちあるき(鳴子温泉)

ご好評の、たびむすび「めんこいまちあるきツアー」が鳴子へ出張!
手湯・足湯はもちろん、温泉たまごを作ったり、栗だんごを楽しんだり。
鳴子の楽しいまちあるきをガイドがついてご案内します。
「こけし絵付け体験」も楽しめる、お得なツアーです。

【開催日】2016年4月9日(土)日帰り JR鳴子温泉駅集合

 

★スペシャル宿泊プラン!★
◎元こけし工人の宿・登良家旅館泊◎
ご夕食は、こけし工人の桜井昭寛氏・尚道氏 親子、登良家旅館・高橋章夫氏を囲んでのお食事会となります。
こけし工人ご本人と直接お話できる貴重な機会です。また、登良家旅館が所蔵する珠玉のこけしコレクションもご覧いただけます。

【開催日】2016年4月9日(土)1泊2日

 

★「まちあるき」「宿泊プラン」のW セット割引★
14:00鳴子温泉駅スタートのまちあるきを楽しんだ後、「登良家旅館」へチェックイン!
ご夕食はもちろん、こけし工人の桜井昭寛氏・尚道氏 親子、登良家旅館・高橋章夫氏とご一緒です。
鳴子満喫、こけし満喫、他では味わえない、たびむすびならではのスペシャルセット!

※3コースとも、詳細については下記URLをご参照ください。
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20160409

 

◆鳴子に泊まろう!金曜もOK、お得な平日プラン 「ナルヘイプラン」

2月29日まで実施です。詳細については下記URLをご参照ください。

【東鳴子温泉 旅館大沼】1泊 7,500円(夜食1回、朝食1回付)
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=0003

【鳴子温泉 登良家旅館】1泊 6,480円(夜食1回、朝食1回付)
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=0004

◆山形県・赤倉に泊まろう!金曜もOK、お得な平日プラン 「アカヘイプラン」もあります!
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=0005

 

———————————————————————–

<今年もやります!人気の定番ツアー>

◆「田代島夏のウィークエンド便」
[6月25日(土)発]
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150613

[7月23日(土)発]
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150725

[8月27日(土)発]
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150822

 

◆【仙台めんこいツアー】4月24日(日)出発:東照宮と門前町の魅力を再発見
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20150426

 

 

お待ちしています!(えじこより)

12647266_718837408217352_2281100799184900629_n

伝統工芸「しの竹細工」に挑戦!

2016年01月21日20:04

すっかり明けましておめでとうございます。
たびむすびスタッフ吉川です。

 

来年の話をすると鬼が笑うから、と思っていたら、

あっという間に年が明けて、鬼に豆をぶつける季節が近づいてきてしまいました。
遅ればせながら、今年もたびむすびをよろしくお願いします。

 

さて、本日は、宮城県大崎市岩出山を訪れる工芸ツアー、
3月10日(木)発「しの竹細工と伊達な伝統食」のご紹介です。

このツアーは、仙台・宮城の手しごとを紹介する素敵なwebサイト、

「手とてとテ」さんが企画されています。

 

伝統を守りながら日々挑戦を続けている仙台・宮城の職人たち。
その優れた技や手しごとの素晴らしさを、現代のライフスタイルにそった目線で発信する・・・

そんなコンセプトの同webサイトは、民芸好きならずとも心ときめく、素敵なデザインであふれています。

 

今回のツアーでは、岩出山の四季の里「凛菜・上の家」で、旬の素材を使った目にも楽しいお膳料理を楽しんだ後、「竹工芸館」にて、岩出山の伝統工芸品である「しの竹細工」による一輪挿し作りに挑戦します。

 

岩出山は、伊達家の旧城下町であり、静かなたたずまいを見せる魅力的な地域です。お食事どころとなる「凛菜・上の家」は旧千葉家の古民家を改装した農家レストランで、お味はもちろん、建物にも注目していただきたいお店です。

 

もともと藩士の手仕事として奨励されたのが始まりと言われる「しの竹細工」は、300年以上の歴史を持つ伝統工芸です。
その大きな特徴は、竹の皮だけを使い、表皮を内側にして編むこと。指先に優しい上に水切れが良く、機能的に優れているため、今日まで広く愛用されています。
作る際は、専属の職人さんとスタッフの皆さんがご指導くださいますので、ご安心を。

 

「手とてとテ」さんならではセレクトで組まれたこのツアー、ぜひ、この機会にお出かけください。

皆さまのお申込をお待ちしております!

 

「しの竹細工と伊達な伝統食」
https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/detail.cgi?gno=20160310

 

「手とてとテ」
http://tetotetote-sendai.jp/

無題

年末年始休業のお知らせ(12/30-1/3)

2015年12月29日16:56

たびむすびは、12月30日(水)から1月3日(日)までお休みとさせていただきます。

 

今年もたびむすびをご愛好いただき誠にありがとうございました。

来年も引き続きご支援の程よろしくお願い致します。

 

皆さま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

 

201210151133000

来年もよろしくニャン