English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. NEWS&TOPICS
  3. 2012 3月

NEWS&TOPICS

塩竈粋醐味めぐりにご案内しました

2012年03月28日13:23

2012年3月24日土曜日、塩竈粋醐味めぐり第2弾

「佳き茶・佳き器・旨い寿司」コースに行ってまいりました。

3月17日に塩竈観光物産案内所がリニューアルオープンしました。

JR本塩釜駅前にあるので、着いてすぐ塩竈の情報を得ることができて便利です。

案内所のスタッフの方々も「塩竈LOVE」の気持ちが溢れているので、

塩竈のことなら何でも教えてくれます。

今回の塩竈めぐりは商店街のお店を訪ねて、お店の方のお話を伺います。

1件目はお茶の「矢部園」

震災後改装した店内は京都から取り寄せた古木で作られたテーブルや什器、昭和初期のランプシェードなどが

置いてありしっとりとセンスよく作られていました。

こちらでは社長さんからおいしいお茶の淹れ方、急須の選び方を教えていただき、お茶の試飲も

楽しみました。

時間をかけて、きちんと淹れたお茶のおいしかったこと!

5月に発売予定の日本茶のフレーバーティーを紹介して頂きました。

「ほうじ茶×アールグレイ」、「ほうじ茶×チョコレート」、「煎茶×桃」など・・・

今回ご参加の方は特別に発売前の「ほうじ茶×アールグレイ」を試飲させて

いただきました。

飲む前はほうじ茶ですが、口にふくむとアールグレイの香りが広がって

2つの香りが楽しめるお茶でした。

2件目は「器の郷 ひろ埜 塩竈店」

店長さんから、伊万里と唐津の商品について教えていただきました。

同じ白でも原料によって色が違うこと、細かい細工の行程など

知らないこと、この場でなければ聞けなかったお話を伺いました。

途中、御釜神社をお参りして

みなさんが楽しみにしていた、ランチは「はま勢」での寿司ランチ。

塩竈といえば寿司!こちら「はま勢」さんはおいしくて、値段が手ごろ。

みなさん、おいしいお寿司に大満足のご様子でした。

2時間ではご紹介しきれない所もあり、魅力いっぱいの塩竈でした。

南三陸への旅、まだまだ受付中

2012年03月19日19:50

仙台で発行されている「大人のプレミアムマガジンKappo」と

共同で震災から一年の南三陸町を訪ねるツアーの参加者を募集中。

Kappoの川元編集長も同行します。

・出発日 2012年3月30日(金)~3月31日(土) 1泊2日

・ホテル 南三陸ホテル観洋

・料金  大人お一人様¥18,500円

     (3名から5名一室、又は男女別相部屋)

     2名一室の場合はお一人様¥21,500円

・食事 朝1回、昼1回、夕1回

仙台駅周辺発着です。

仙台駅発13時30分なので、遠方からご参加のかたも歓迎いたします。

南三陸町では震災を経験した「震災語り部ガイド」による浸水地域の見学や

体験談を聞く「学びのプログラム」に参加します。

震災語り部ガイドによる「学びのプログラム}は

10名以上のグループでのみ参加することができ、

個人での申込みは受け付けておりません。

現在は非常に込み合っており、語り部ガイドによる案内は夏頃まで

予約ができない状況です。

震災から一年。商店街もオープンしました!

南三陸へ行きませんか?

お問い合わせ・・・

TEL022-248-6230

Mail:info@tabimusubi.co.jp

3月23日(金)まで受付けしています。

猫の島、田代島へ行ってきました

2012年03月07日13:28

3月4日日曜日、農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金事業」のモニターツアーで

田代島へ行ってきました。

朝6時50分仙台駅に集合し、バスで石巻へ。

石巻からはフェリーで一時間で仁斗田港(田代島)へ到着。

石巻を出発して日和大橋をくぐります。

津波はこの橋を越えてきたそうです。だいぶ片付きましたが

遠くにガレキの山が見えます。

田代島では島の方の歓迎を受け、約2時間の散策へ・・・

猫ちゃんの出迎えをうけて、最初の目的地は「猫神社」

田代島には現在およそ150匹の猫ちゃんが暮らしているようです。

次のポイントは「マンガランド」。キャンプ場とロッジがあり、

高台で景色が良いところです。現在は修復中でした。

宿泊棟です。猫の顔の形になっています。

2時間の散策中に時々、猫ちゃんを見ることができて

写真を撮ったり、撫でたりしました。

天気が良かったので、2月にきた時よりもたくさんの猫ちゃんに

会うことができました。

散策後は皆さん、お持ちになった昼食をたべて

「ねこ川柳大会」に参加。

川柳大会入賞者には田代島の海の幸がプレゼントされました。

下の写真は審査の様子、力作ばかりでしたので審査員は

悩んでいます。

帰りのフェリーまでの時間は自由に過ごして、島の方に見送られて

石巻へ戻りました。

田代島の方々にあたたかく迎えていただいて、静かな時間な

時間を過ごした1日でした。