English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 2011 6月

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

仙台・宮城のおいしいもの:寿司屋のおいしい肉

2011年06月12日22:20

 寿司屋さんなのに、「お肉が自慢」ってどういうこと?

 以前も、登米市の役場の方に「寿司屋でハンバーグを食べよう」といわれたことがありました。結局、一度も寿司屋のハンバーグにはありつけませんでした。・・・機会がなかっただけで、寿司屋のハンバーグは実在していました。

 先日、宮城の県北地域をお客様にご案内したときのこと。お昼ごはんの時間がかなり遅くなってしまい、午後3時近くになってしまいました。

 いまからランチのできる店があるでしょうか。

 ここは、登米市・・・おおっ、「若鮨」さんがあるじゃあないですか。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-のおいしいもの 若鮨

 鳴子在住のSさんオススメのローストビーフ丼。中央のバラの花のようなものが、ローストビーフ。花びらのように見えるのは、お肉を二つ折りにしているからかも。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-のおいしいもの 若鮨

 うつくしぃですね。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-のおいしいもの 若鮨

 写真がボケてしまいましたが、こちらは牛肉のお弁当。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-のおいしいもの 若鮨

 ところで、このローストビーフ丼、いくらだと思いますか?丼、味噌汁、漬物、食後のコーヒーがついて、850円です。1850円ではありませんよ。はっぴゃくごじゅうえん です。大満足です。次は、お寿司にしよう・・・でも、お肉もいいなー。そんな、お寿司と登米牛がウリのお店です。

店名:若鮨

住所:登米市迫町佐沼字中江5-2-8

URL:http://www.wakazusi.com/top/top.htm

仙台・宮城のおいしいもの 和牛アビルヴァン

2011年06月05日00:22

年に1回くらいは、贅沢をしたいです。

でも贅沢って、なんだろー?

震災のあと、しばらくお風呂に入れなかった。

  ⇒ゆっくり、お湯につかれるのは贅沢ですね。

   バスにのって、鳴子温泉まで入りにいきました。

震災のあと、しばらくおにぎりですごした。

  ⇒おにぎりでも、食べられるものがあるだけ贅沢。

   コンビニも開かないので、米ばかり食べていました。

3.11を境に、いままでと違った視点をもつようになりました。

贅沢って、何不自由なくすごせる毎日こそ、贅沢なんだ。

そんなわけで、昨年行った 和牛 アビルヴァン 。ステーキなんて、贅沢の中でも超贅沢ですね。震災のあと、復旧がすすまないうちは、お肉なんて食べてはいけないような気がして仕方ありません・・・。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 和牛 アビルヴァン

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 和牛 アビルヴァン

昨年行った、ステーキのお店をあらためてご紹介。コースでいただいた料理でしたが、ひとつひとつがおいしかったです。

仙台アビルヴァン

おいしいもなにも、まず「水」

2011年06月03日20:20

 先日、宮城県内のある被災地を訪問。ここは、津波の被害が甚大だったところ。少しずつがれきが片付きつつあるように思います。

 

 訪問先のみなさんに伺ったお話の中から、私も疑問に思ったことがいくつかありました。

 1.ライフラインの復旧

    誰が、どうやって、復旧地域の順番を決めているんだろうか。

    この地域は、まだ水道が復旧していません。

    3ケ月たっても、水がこない。

    飲料水は、給水車が頼り。

    生活用水まで、なかなかまわらない。

    いつ復旧するのかのめどがたっていないのだそうです。

    復旧の順番は、どうやって決めて、いつ発表するんだろうか。

 2.救援物資の運搬

    震災のあと、ここの地域も孤立してしまいました。

    ヘリコプターに、建物の屋上から救援物資を待ったそうです。

    しかし、日本の法律では、ヘリコプターから物資を落下させる

    ことができないのだとか。

    いろいろな事情があるのでしょうけれど、命にかかわること

    なら、「緊急許可」をしてもよいのではないかと素人考えを

    してしまいます。が、こういう場合の「緊急許可」って、誰が

    宣言するんだろう?

お水については、本当に困っている様子。最近は、ライフラインについてのニュースはほとんどでないので、復旧しつつあるのかと思っていました。

洗濯をするのに川の水を使っていたこと、いまだにトイレは汲み置き水で流していること、お話を聞いていて涙がでそうでした。

仙台の街中は、震災前の様子にずいぶんもどってきました。

地震のあとの様子を見ようと仙台駅に降りたった人は、「なんだー、何もかわってないじゃん」と思うかもしれません。が、ほんの少し、移動すると、まだまだ片付いていない被災地が仙台市内にもあります。

仙台の会社から窓の外を見ると、ふっと、あの地震を忘れてしまいそうになります。仙台市内にいる自分でさえ、こんな状態です。長く長く、あの3.11を忘れずにいるためにも、たくさんの方のお話を伺うことは、とても大切な行為です。

仙台・宮城のおいしいもの「水」、仙台に引越してきたときに、水道の水なのになんておいしい!と思ったことがありました。そのおいしい水を、はやく県内全域に!と願っています。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島 井戸 弘法の井戸

田代島の井戸:田代島も、まだ水道が復旧していません。震災後、ふたたび日常使用されることになった「弘法様の井戸」