English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 2011 3月

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

今日は、何度も泣きました

2011年03月25日23:22

 今日は、うれしいことがたくさんありました。

 震災のあと、仙台でも営業している店舗が少なく、物流がよくないということを知ったみなさんが、たくさんのサポートをしてくださいました。

 昼前、みやぎやまがた女性交流機構でお世話になっている山形の皆さんが、たくさんの「食」をもってかけつけてくれました。鶴岡で「穂波街道 緑のイスキア」というお店をやっている庄司さんが、このガソリンが不足している状況で、ご自身の車を使い、鶴岡~山形~仙台と運転してきてくれました。一緒に、機構の事務局担当、佐藤さんも。車には、機構のメンバーからのあたたかい心遣いがたくさん積まれていました。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-緑のイスキア 庄司さん ハンバーグ

 庄司さんが「すぐサラダ」と水菜などをカットしてもってきてくれました。そして、ハンバーグ!!当社のスタッフの人数まで気にしてくださり、きっと朝早くから焼いてくださったのだろうと、感謝の気持ちでいっぱいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-新関さん さとみの漬物 おこわ

 山形の「さとみの漬物講座」の、新関さとみさんからは、温かいぬくもりが感じられる炊き込みごはん、おこわ、漬物など、すぐにでも食べられる状態で運んでいただいた気配りにも感謝です。ちょうど、昨日から職業訓練の講座も再開となり、不便な交通機関の中、通ってくれているみなさんにも、おすそわけさせていただきました。社員、訓練生の中には、「家族に食べさせたい」と持ち帰る人もいました。

 鶴岡から仙台まで、山形から仙台まで、物資と時間と労力をかけてここまでご支援いただき、本当に感謝しています。被災して、仙台にきた方々にもおすそわけさせていただきました。ありがたくて、涙がでました。

 そして、夜、自宅に戻ると、秋田の友人からの荷物が届いていました。お米、野菜ジュースなど、きっとあちこちまわってそろえてくれたんだろうなあと思うと、やはり涙がでました。ありがとうの電話をし、「どう、お礼をしたらよいか」と話をすると、「その気持ちは、ほかの人にまわしてあげて」と優しい言葉。本当に、ありがとう。。。

 みなさんからもらったあたたかい心遣いを、さらにまわりの皆さん、被災地の皆さんにお届けしていきたいと強く思いました。

 仙台市内は、徐々に活気を取り戻しています。まだまだ、営業している店舗が少なかったり、時間制限をしていたり、という状況ですが、街行く人の表情がにこやかになってきたように思います。自分にできることは何か、を常に考えながら進んでいきたいと思います。お世話になった皆さんに、感謝しております。

  

東北の地震、甘くみてました

2011年03月16日00:11

宮城県沖地震は、また来る・・・


 そんな言葉を聞いていながら、宮城県沖地震を体験していない私は、「いつくるのかわかりゃあしない」と甘くみていました。栗原の地震のときにも、岩手の地震のときにも、会社は結構揺れたけれど、ほとんどモノも倒れず、パソコンも食器棚もそのままだったので。


 しかし、今回は、さすがに「失敗!」と揺れの中で反省。


 「あ、地震」が「ちょっと大きいかも」になり、「みんなー、気をつけてー!」という叫びになるのに、時間はそれほどかかりませんでした。会社が14階建てのビルの12階にあることもあって、からだがもっていかれるくらいの思いでした。遊園地の「バイキング」というアトラクションが、スーパー速く動いたときのような感じでした。


 会社の中のものが、がらがらと崩れ、棚の上部にあったものは、「落ちる」というより、「ふっ飛んで」きました。
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城の地震 社内

椅子にすわっていたら、荷物におしつぶされていたかも。


仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城の地震 屋外

これは、ちょっとみにくいですが、自宅近くの歩道の様子。隣接するおうちの壁が崩れています。

それでも、会社の中がぐちゃぐちゃになったくらいで、どーなんだ!もっと、大変な地域がある!

まだまだ余震が続きますが、前向きな気持ちでがんばりたいと思います。

 いろいろな方に、困っていることはなんですか?と聞かれます。交通・生活インフラの復旧はもちろんなのですが、「ガソリン」と「日用品」については、特にです。買い物にも、仕事にも車が必要な「東北地方」。車社会なのです。ガソリンを買えるようにしてほしいです。日用品、衣料品については、被災してから自宅に戻れていない人がたくさんいて、換えの下着やシャツなどを必要としています。

 さきほどは、静岡でも地震があったようです。全国的に、気をつけてくださいね。

青い卵:あら伊達な道の駅

2011年03月03日00:46

 あら伊達な道の駅では、青い卵を販売しています。ふるさと地鶏の会さんの卵で、「青玉」。白い卵より、少々お高めですが、つまようじが黄身に20本以上ささる・・・というスグレモノです。

 ごめんなさい、時間がないので、別なブログのリンクで写真をみてみてください~。

http://www.areamark.jp/blog/inaba/2011/03/post-20.html