English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 2010 9月

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

仙台のおいしいもの:本場のベルギーチョコ!!

2010年09月26日08:55

こんにちは!ぼくピノキオ!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台のおいしいもの ショコラフランダース

・・・と、言っているかどうかはわかりませんが

 仙台に、本格的ベルギーチョコのお店ができました!「ショコラフランダース」さんです。このお店は、ベルギー人のショコラティエ、トムフェアリンデンさんと、奥様の石川京子さんが開店した、かわいいお店です。

 手土産にチョコレートを!ということで、日本では、手土産にショートケーキを、とか、手土産におまんじゅうを、ということが多いのですが、ベルギーの人たちは、朝から晩まで、何をするときでもチョコレート!。この文化を日本にも・・ということで、石川さんたちが、「手軽に1個からでも変えるように」「自分のお気に入りのチョコレートをみつけてもらえるように」と開いたもの。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台のおいしいもの ショコラフランダース

 ひとつの素材で、スイートとビターの2種類のチョコをつくるのだそうで・・・たとえば、「ハーブの味わいのチョコ」でも、スイートとビターと2種類のチョコをつくるということで、複数種類を味わっていただくことができるのです。

 チョコは温度管理が大変。トムフェアリンデンさんと石川さんが、仙台で開店したのは、気候がチョコレートに適しているから、とのこと。実は、お二人とも仙台出身ではないのです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台のおいしいもの チョコラフランダース

 持ち帰りにも手ごろなチョコもたくさんあります。一度お店にいってみてください。見ているだけでも、とっても幸せな気分になります。

店名:ショコラフランダース CHOCOLAT FLANDERS

住所:仙台市青葉区一番町3-4-3 Indexビル

時間:11:00~19:00 火曜・水曜がお休み

時間とお休みの日は、事前に確認してみてくださいね。

アイスの季節・・・おわったけれど:宮城山形のおいしいもの

2010年09月25日09:44

 今年の夏は、暑かったですね。7月に新庄に行ったときのことです。

夏でもイチゴを生産している農家さんがいるということで、お話を聞きに、ビックスター鳴子味庵の大澤えりこちゃん(通称なるこりん)と一緒にいってきました。

 待ち合わせの新庄駅で・・・発見してしまいました!山ぶどうのソフトクリームを!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城山形のおいしいもの 山ぶどうソフト

 ミックスをオーダーしたなるこりん、うれしそう・・・。山ぶどうの部分は、シャーベットになっていてぶどうの味がそのままで It was nice! でした。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城山形のおいしいもの 夏秋いちご

 鮭川村の八鍬さんちで見せていただいた、夏秋(かしゅう)イチゴの「サマーティアラ」。名前もかわいくて、なるこりんのお気に入りに!なりました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城山形のおいしいもの いちごアイス

 八鍬さんのハウスでいただいた、規格外いちごでつくったシェィクとアイス。ほんとにおいしかったです。ほんとに!規格外品は、正式な流通ルートにのせられないそうですが、せっかくのイチコさんたち、おいしく皆さんに食べていただける工夫ができると、いいと思います。

※ 

山ぶどうのソフトクリームは、JR新庄駅の1階で販売しています。

ばたばたとしてました:新庄まつり

2010年09月20日11:27

 前回、八鍬さんのところにいったブログをアップしてから、すっかりご無沙汰してしまいました。ブログはなるべくこまめに書かないとネ、と思うけれど、ルーティンになかなかできないですねー。

 さて、先月、新庄にいってきました。「新庄まつり」というお祭りがあるとおしえていただき、見にいってきました。新庄まつりの説明を、一緒に聞いていたのは東鳴子の旅館大沼の5代目湯守、大沼伸治さん。

新庄の井上さん「新庄まつりというものがありまして・・・」

東鳴子の大沼さん「へー、何回目くらいなんですか?」

新庄の井上さん「255年続いています。」

東鳴子の大沼さん「へ!?」

 というわけで、255年続いているものを確認にいきました。東北には、4大まつりとか夏祭りとかいわれるものがあって、内外からの観光客をひきつけています。新庄まつりは、どちらかというと、企業色の弱い、地元の皆さんがつくっているお祭り。だから、地元の人たちは、ここに注力、外にでている人は祭りのために帰省する、学校も休みになるという地元密着型。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-新庄まつり

 たいがいのお祭りは、企業協賛が入っていて、協賛が少なくなると祭り自体の開催ができなくなるものも多いですね。新庄まつりは、山車も、衣装も、地域の人たちの手作りだったり負担だったり。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-新庄まつり

 それぞれに、ストーリーと山車の装飾がすばらしくマッチ。来年は、街中を歩きながら、ぶらぶらと見てみたいです。

新庄、最上ネタでした。