English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 2009 12月

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

米粉のチーズケーキ in余目

2009年12月31日08:09

 先日の、「雪の鶴岡」の帰り道、宮城大学のM先生や、まちづくりNPOのAさんに、「余目駅におもしろい物産売り場があるから見てみて」といわれ、わくわくしながら寄ってみました。

 余目には来たことがなかったのですが、小さな町のようですが、人々がおもしろそうに思えました。なぜそう思えたかというと、余目駅のホットホームという物産販売所(販売コーナーというのかな)には、近隣の物産がたくさん並び、近隣を紹介するパンフレットもたくさん並んでいて、普通のお土産販売コーナーと同じように見えるのに、なにか独自なものを置いていたから。パンフレットも、近隣の商店の紹介や、店主の紹介など、直接そのお店にはいけなかったけれど、なんだか「ほんわか」したものを感じてきました。

 あまるめホットホームのページはこちら → http://exeamarume.n-da.jp/

 そこで販売していた、「あまるめ亀ノ尾ちぃず」。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-あまるめ亀ノ尾ちいず
※スティック状のチーズケーキで、電車の中や車の中でも、気軽に食べられます。

 幻の米として名高い「亀ノ尾」の米粉を使っているのだそうです。この亀ノ尾、旧余目町の阿部亀治さんという方が、農地改良に一生を捧げ、苦心の後にうみだしたお米なのだそうです。この亀治さんの想いは、お米から米粉という形にかわり、チーズケーキという姿で、世の中のたくさんの方の心に響くことになるのでした・・・。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-あまるめ亀ノ尾ちいず
※きちんと商品だけでなく、材料に対する想いも記載されています。

 近くにいったら、ぜひ、のぞいてみてください。

店名:あまるめホットホーム

場所:JR余目駅内

あらら、年越しは、山形の話題でおわってしまいそうですね。スミマセン。

登米の「はっと」仙台から北のおいしいもの

2009年12月30日08:55

 来年2月に、「シニアITサポーター養成講座」を宮城県登米市で開催します。その打ち合わせで、登米市中田地区を中心に活動しているパソコンサークル「すみれ会」さんにおじゃましてきました。

 すみれ会の「きゅうりやのばんちゃん」さんとは、宮城県高度情報化推進協議会の「女性とIT」という部会の中で開催した「ブログコンテスト」がきっかけで、もう5年くらい前からの知り合いです。すみれ会さんは、とても活動的で、パソコンの勉強会を開催するばかりでなく、ブログを通じて近隣の皆さんと交流を深めたり、他の団体さんとの合同勉強会を開いたり、視察旅行にいってみたり・・・幅広い活動をしています。

 「きゅうりやのばんちゃん」さんのブログはこちら→http://plaza.rakuten.co.jp/tomeyamanokami/

「きゅうりやのばんちゃん」さんは、泊まりがけででかけたとき以外は、毎日ブログをかいているすんばらしい方です。私だって、毎日は書けません。

 ばんちゃんに「打ち合わせをしましょう」と連絡したところ、「自宅で仲間たちと一緒に打ち合わせしましょう」と言ってくださり、ご自宅におじゃますることになりました。途中まで、すみれ会の広報部長の「ドッグ」さんが迎えにきてくれました。ありがとうございました。ドッグさんにはお土産もいただきました。ごちそうさまでした。

 ばんちゃんは、「お昼に“はっと”を食べながらお話ししましょう」と言ってくれました。はっととは、小麦粉を練って薄く延ばして醤油などの汁に入れて食べるもので、全国では「すいとん」「ほうとう」「ひっつみ」など同様の食べ物がたくさんあります。

 ばんちゃんのところのはっとは、鶏肉と野菜のたっぷりはいった醤油味のはっと。もちろん、登米の必需品「あぶら麩」もはいっています。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-登米 ばんちゃんのはっと
※「きゅうりやのばんちゃん」ちでおよばれした「はっと」

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-登米 ばんちゃんのはっと
※ネギ、里芋、しめじ、あぶら麩など、そして「つるり」とした表情の「はっと」も見えます

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-登米 はっとランチ
※「すぎちゃん」さんがもってきてくださった豆ごはんもいただきました

 登米のお店で「はっと」をいただいたこともありますが、お店で食べたものよりも、ずっとおいしかったです。「はっと」が「つるり」とした舌ざわりで、のどごしもよく、野菜もたっぷり。私は、どんぶりに、2杯もいただいてしまいました。ばんちゃんにお店をひらいてほしいくらいです。

 この日は、「足りなくなると困る」といって、ばんちゃんたちがこんなにたくさんのはっとをつくってくれていました。

  ↓

  ↓

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-はっと はっと はっと!
※こんなにたくさんのはっと、見たことない!これで、すでに7人分をとりわけた後です

 すみれ会さんとのITサポーター養成講座については、別途またお知らせいたします。今回は、お店情報は残念ながらありません。なにせ、ばんちゃんたちの手作り「はっと」でしたので。

 最後に笑い話をひとつ。

 私が伺う日、「ばんちゃん」さんが、「ドッグ」さんに電話をしました。

 ばんちゃんさん:「そろそろ先生(私のことです)がくるよ」

 

 ドッグさん:「わかった、じゃ下着かえていくから」

 ばんちゃんさん:「なんで下着かえてくるんだか?先生は女だけど」

 ドッグさん:「下着じゃない!したく換えていく、って言ったんだ~!」

すみれ会さんは、50代、60代の女性を中心とした団体です。上記のような勘違いも、笑いの種に変えて活動中です!!

鶴岡でのイタリアンな体験「緑のイスキア」さんで

2009年12月29日23:37

 先日、「みやぎやまがた女性交流機構」の勉強会で、鶴岡にいってきました。ちょうど「記録的な大雪」の時期で、積雪100センチという今までに私は見たことのない光景を見てびっくりでした。
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-鶴岡、雪で枝が折れている
※ 雪で枝が折れている街中の木々、電話ボックスが埋もれています

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-鶴岡、雪にうもれた建物
※ 歩道も雪かきしてあるところしか歩けない

 雪によるいろいろなアクシデントもありましたが、無事に鶴岡でのメニューが進み、女性交流機構の勉強会のメンバーでもある庄司さんのお店「穂波街道 緑のイスキア」さんでランチをいただくことに。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-緑のイスキア、かんばん
※鶴岡の郊外にある白い建物

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいもの
※水牛のモッツアレラのカプレーゼ

モッツアレラチーズが、とってもクリーミィです。トマトも甘い!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいものピザ
※ピザ、マルゲリータ

ピザの皮?というのかしら、ふちのところがモチモチしていておいしいです。大好きだった「円」のピザが食べられなくなって残念でしたが(仙台市青葉区本町にあったレストラン・・・閉店してしまいました)、ここのもおいしいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいものピザ
※クワトロフォルマッジ

モッツァレラ・ゴルゴンゾーラ・プローヴォラ・グラーナがトッピングされたチーズがメインのピザ。これもおいしいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいもの、ピザ窯
※ピザは、店内の石がまで焼いています。中の温度は高く、本当にすぐに焼けるのだそうです。この写真に写っている方は、本場ナポリで修行をしたきた庄司健人さん。手さばきも、てきぱき、さすが。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいものパスタ
※シーフードのリングイネ

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台のとなり、山形のおいしいもの、チーズ
※チーズフォンデュ もちろん、パンも店内の窯で焼いています

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台の隣、山形のおいしいもの、デザート
※デザート デザートはてづくりのシフォンケーキやロールケーキ

 実はこのお店、イタリアに本部のある「真のナポリピッツア協会」の認定店。この協会は、本場ナポリの伝統的なピザの味を守り、伝えていこうと活動しているのだそうです。日本では、28店がこの協会の認定を受けていて、東北ではこのお店のみ。庄司健人さんが、2007年にイタリアで修行をした成果なのだとか。

 わざわざ食べにいきたくなるお店・・・ミシュランガイドにのるお店は、たしかそんな定義だったように思いますが、仙台からは遠い・・・でも体が「食べにいきたい」と言う、というお店ではないかしらと思います。

店名:穂波街道「緑のイスキア」 → サイトはこちら http://www.midorinoischiak.com/

住所:鶴岡市羽黒町押口川端37-3

電話:0235-23-0303

デリバリもやっているそうです。配達範囲や営業については、事前に確認してみてくださいまし。

牡蠣三昧!仙台から北のうまいもの

2009年12月24日08:08

 先日まで担当してきた「起業支援講座」の中で、「地域を知る」「地域資源からビジネスへ」といった話題がありました。その中で、「南三陸町」をテーマに講義を進めました。

 「起業支援講座」というと、ビジネスモデルのつくり方などを勉強するわけですが、今回の講座の参加者は様々な経歴をもっていて発想も多彩・・ということで、ある地域に的を絞って、地域資源からビジネスアイデアをつくるというワークショップをしました。

 その「ある地域」が、仙台から車で約2時間弱の「南三陸町」だったのです。先日、南三陸町にいったときにいただいたのが潮風ご膳。時期が時期だけに、「牡蠣三昧」でした。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの牡蠣三昧

ちょっと写真が暗くてごめんなさい。向かって左の下から時計まわりに・・・

まつものお吸い物

牡蠣のみそ焼き

貝のお刺身(なんだっけ、ほっき貝?)

白菜のおひたし

蒸しホヤ(その下の段)

大根(切干?でも干してあるっぽくないですが、炒め煮みたいです)

生カキ(レモン添え)

牡蠣フライ

さつま揚げの煮付け

お味噌汁

うにごはん

 牡蠣三昧と書きながら、うにもホヤもでたのでした。実は、わたくし、ホヤは苦手でして、あの独特の香りと味がねぇぇぇ、と思っていましたが、「とれたてのホヤは臭くないのよ」ということなので、食べてみました。・・・・ヘンな臭みがありません。「新鮮だ」という証拠だそうです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの牡蠣のみそ焼き

 牡蠣のみそ焼きは、味噌炒めというよりも、グリルして上から味噌をかけたという感じです。牡蠣の味が味噌に負けないように工夫しているのでしょうね。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいものうにごはん

 実は、うには大好きなんです。


仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城 南三陸町 神割崎

 このお店、神割崎というところにあります。とても、景色のいいところです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城 南三陸町 神割崎

 あの岩と岩の間から、波がざっぱーーーん!とやってきて大迫力です。ここにくると、景色も食事も楽しめます。

 仙台というと「おいしいものがたくさんあっていい町よね。」と言われますが、やはり本場にはかないません。仙台から少々時間はかかりますが、ぜひ、周辺にも足をのばしてみてほしいです。

店名:レストラン神割

住所:宮城県本吉郡南三陸町戸倉字寺浜81-23

電話:0226-46-9221

火曜日がお休みのようです。

また、12月から2月は冬時間で、営業時間が短いようなのでご注意(10:00~16:00)。

できれば、営業については、事前に確認してくださいね。

丸森町でラーメンを食べる

2009年12月23日19:27

 このブログでラーメンを紹介するのは初めてですね。

 仙台から南、福島県との県境に「丸森町」というところがあります。丸森町は、「水と緑のまち」といわれるほど、いたるところに川があり、また、緑の美しいところです。こちらのおいしいものも随時紹介していきたいと思いますが、今回は、なぜかラーメンです。

 先月まで、ある専門学校さんで「起業支援講座」の講師をしており、そのときに「わざわざ行きたいオススメのお店」を生徒さんから挙げていただきました。(ことわっておきますが、話がそれてこの話題になったわけではなく、「わざわざ来てもらうお店づくり、ネットショップづくりにするには・・・」という話題の続きです。)

 「丸森町に、おススメのラーメンがある。」

 丸森町といえば、野菜も米もおいしいところで、町では「米麺」メニューをつくったり、ヤーコンジュースやヤーコンレシピをだしたり、と様々な活動をしているところです。その町でラーメンですか~?

 というわけで、丸森にいく機会がありましたので、いってきました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの丸森のラーメン

 なかなかラーメンやさんに一人でいく機会はなかったし、お昼にラーメンという食生活も少なくなってきました。うーむ、年齢のせいでしょうか。しかし、基本的にラーメンは好きですから、今回は楽しみにいきました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの丸森新光食堂のラーメン

オーソドックスに「ラーメン」を注文してみました。

昔ながらの「中華そば」という感じです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの丸森振興食道のラーメン2

ほらほら、スープが澄んでるでしょ。

ちょびっとコショーをかけてみました。なぜか、紅ショウガがひとかけらはいっています。

このお店をおススメしてくれた、ニックネーム・じねんじょさんいわく、「ラーメン好きの知り合いをつれていったら、スープも飲みほし、さらに、もう1杯ラーメンを頼んだ」ということでしたが、たしかに、スープもごくごくいけました。ラーメン通ではないので、「ダシが何か」とか「どこの店と同じ系列」とか、詳しいことは語れませんが、あっさり味の中華そばでした。おいしかったです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台宮城のおいしいもの丸森新光食道のラーメン食後

また、これは、食後にだしてくださった「手作りヨーグルト」。まったりした舌ざわりで、あっさりとした味わいのヨーグルトでした。おいしかったです。

お店の方(きっと、親父さん)が、「あるときしか出さないし、メニューに書いてないけれど、常連さんから“今日はヨーグルトはないの?”と聞かれるようになってさぁ。」と言っていました。隣に座っていた親子連れも、「おいしいね、よかったね。」と言いながら食べていました。

丸森産のなにかをつかっている、とか、地元の食材が・・・という切り口から書くブログが多かったですが、こちらのお店のように、「地元の方が必要とするお店」という切り口も必要だと感じました。

ちなみに、このお店、丸森町のつくっている「う米(まい)もん食ってがいん」というタイトルのパンフレットには、カツ丼の写真が掲載されています。

次は、カツ丼かな・・・。

でも、餃子は皮からてづくりだというし、悩みます。

店名:新光食堂 ⇒丸森町 まるもり水と緑の百貨店さんのサイトから

住所:宮城県伊具郡丸森町大内字清水43-7

電話:0224-79-2048

営業時間など、確認してからいってみてくださいね。

週末のみ営業、角田市 仰天の肉屋さん (仙台近郊のおいしいお肉)

2009年12月03日06:09

 名前が、「ベコ屋の洋ちゃん」。

なんてわかりやすく、親しみがもてる名前でしょうか。

あ、でも、牛の売り買いをしているところではありません。

れっきとした「お肉屋さん」です。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 外観

外観は、こんな感じです。

看板もわかりやすいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 店内

ショーケースには、牛肉がずらり。

ちょっと珍しい部位もありますし、ホルモンもあります。

コロッケ、牛スネ煮込みなど、お惣菜もあります。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 野菜売り場

隣には、野菜の直売所もありますので、スキヤキやしゃぶしゃぶをするときには、一気に材料が手に入ります。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 肉
私が伺ったのは日曜日。

このお店は、金曜・土曜・日曜の、週末のみの営業ということなので、日曜の夕方は少々金額が下がってオマケされています。この写真は、牛肩ロース グラム750円です。オマケされて295グラムが1800円になっています。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん メンチ

こちらは、牛メンチカツ。3個入り420円。

ハンバーグにするのと、同じ材料を基本に使っているとのこと。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん メンチカツ
さすがに、割ってみると、牛肉いっぱい!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 牛スネ煮込み

そして、お肉と同じくらいに話題いっぱいの「牛スネ煮込み」。

地元の野菜も一緒に煮込んである、自家製です。

お祭りの出店のような、宮城・山形の方には「芋煮会のうつわ」といったほうがよいかもしれません、発泡スチロールの器に、一杯分の牛スネ煮込みがはいって、400円。

でも、一人分と思うなかれ・・・・

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 牛スネ煮込み鍋

写真は、一人用の土鍋にあけたところ。

2~3人分はあります。

お店の方に伺ったら、ここに野菜を足して鍋感覚で食べる、とか、スープを利用してカレーやシチューにするとか、そのまま食べる以外にいろいろとおいしい食べ方があるそうです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 牛スネ煮込み うまい

見てみてください。

トロトロになっています。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-角田 ベコ屋の洋ちゃん 牛スネ煮込み皿
器にもりつけてみました。

食べ応えもあり、おいしく、料理のバリエーションもあり、これで400円とは。

う~む、やるなあ、という感じです。

仙台近郊には、いろいろとおもしろいお店があります。

仙台のおいしいもののひとつ、といったら角田のみなさんにしかられますね。

店名:ベコ屋の洋ちゃん

住所:宮城県角田市坂津田字沖235-3

電話:0224-61-3561

お目当ての商品があるかどうか、気になる方は、事前に連絡していってくださいね。

基本的には、週末のみの営業だそうです。

仙台の文化横丁に、穴場あり「あくび」

2009年12月02日01:30

 最近、ある会合の食事会でお気に入りなのが「あくび」。一番町の文化横丁の中にある、小さなかわいいお店です。なんといっても、ちゃんとつくってる感のあふれるお料理と、そのお値段に驚きです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび 前菜

この日の前菜は、お魚の角煮、サザエ、おひたし。

みなさんは、だいたい最初はビールでカンパイです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび カニ

ちょっと見難いですが、これはカニです。一人に一皿ずつカニさんがやってきました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび 芋に

この日は、山形風の芋煮ができました。七味はお店備え付けの七味でもいいのですが、時折、B社の社長さんが「マイ七味」をもっていて、かしてくれます。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび お刺身

お刺身。大皿で「ぼん!」ではなく、一人ずつのお皿にだしてくれるのがうれしいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび お魚の煮付け

お魚の煮付け。このころになると、そろそろおナカがいっぱいになってきます。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 あくび 舞茸てんぷら

舞茸のてんぷら。揚げたて!さくさくして、おいしいです。お塩を少々ふっていただくのがまた格別です。

たしか、6品か7品のお料理に、飲み放題がついて3500円だったと思います。とってもオトクです。ドリンクのバリエーションも豊富なので、女性のグループでも行けるのではないかしら。お店の前の「あくび」という字もかわいいです。 あくび さんのブログはこちら。⇒http://akubi62.exblog.jp/

店名:あくび
住所:宮城県仙台市青葉区一番町2-3-37
電話:022-266-0604
時間:17:30~24:00 日曜、祝日はおやすみ

人数によっては、予約をしたほうがいいと思います。

また、12月は宴会シーズン。問い合わせをしてから行ってみてください。

仙台で、フレンチレストラン プレジール

2009年12月01日01:49

 お世話になっている会社の社長さんの誕生日のお祝いが開かれました。この日のお店のセレクトは、おカタい仕事を革命的に担当している(と、私の目には映っている)Kさん。「一度いってみたかったー」ということで、今回は、こちらにてお祝い開催。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジール軽いおつまみ

最初にでてきたのは、カンパイに合う、白身魚の軽いおつまみ。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジール前菜

バケットにサラミとピクルス。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジールスープ

これが前菜になるのかしら。

うにがのっているジュレ状のコンソメがおいしい!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジール貝のスープ

ムール貝のホワイトソース・・・いや、スープですね。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジールシャーベット

お口直しのシャーベット。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジールお肉

お肉をチョイス。豚肉とアスパラ、チーズがかかっています。

この豚肉、やわらかかったですよ。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台プレジールデザート

デザートもその日のデザートからチョイスできます。フォンダンショコラにしようかと悩んだ結果、クリームブリュレにしました。なめらかでおいしい~。

 フレンチのコースというと、お料理がちょびっとだけで高級感がいっぱい・・という勝手なイメージを抱いていたましたが、すっかりおナカもいっぱいだし、カジュアルでもお店に入れてもらえたし、満足満足です。

 そして、お店の方の対応もすばらしいです。お店の入り口に近づくと、中からドアを開けて「いらっしゃいませ」とご挨拶してくださいます。帰りは、お店の外まで出て、お見送りをしてくださいました。うれしいです、こういうの。

店名:フレンチレストラン Plaisir (プレジール)

住所:仙台市青葉区大町2-3-23 駒井ビル1階

電話:022-224-7307

時間:ランチ11:30~14:00 ディナー18:00~21:00

席数の兼ね合いもありますので、予約してから行ってくださいね。

特に、ディナーは!