English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 2009 8月

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

東松島で、野菜と海の幸をいただく

2009年08月29日00:46

 今日は、「食材王国みやぎを学ぶ」まなび旅の2回目の開催日でした。メインテーマは「野菜」。午前中は、宮城大学で、株式会社渡辺採種場の渡辺社長から「野菜づくりにおける種子の大切さ」の講義を伺いました。午後のフィールドワークに移る前に、東松島市で昼食をいただきました。

 「今回は、野菜がテーマなら、まあ、野菜をださなきゃね。」と、昼食をお願いした「望洋荘」さんから言われたのでした。しかし、「でもここは、海の近くだから、海のものもちょっとはださなきゃね。」という言葉がひっかかっていました。

 今日は、野菜と海の幸と両方なんだろうなー、と楽しみに向かいました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-望洋荘

今日のメニューは・・・

 

 もずく酢、モロヘイヤおひたし、野菜の煮物、刺身、てんぷら(ふぐ&オクラ)、まるごとトマト、漬物、ごはん、みそしる、デザート(ぶどう&てづくりチーズケーキ!!)、コーヒー

 てんぷらを食べて、「なんか白身の魚だろうなー。」と思ったら、なんと「フグ」のてんぷらでした。珍しいものをいただきました。これで、午後もがんばれます。

 ところで、今日のメニューは、「今日のまなび旅」のテーマにあわせて、オリジナルでつくっていただいたものです。みなさんが実際に伺うときには、できれば事前に連絡をして「ランチ希望」と言ってくださいね。だって、ここは本来飲食店ではなく、民宿だからね~。

店名:望洋荘(ぼうようそう)

住所:宮城県東松島市野蒜字南余景68-63

電話:0225-88-2159

事前に情報確認をしてから行ってくださいね。

あわび踊り焼き in 南三陸

2009年08月23日22:16

 最近、「農商工連携」を勉強するセミナーに参加しています。今回、セミナー参加者の宿泊会場は、「南三陸ホテル観洋」さんでした。今回のセミナーでお世話になった、道の駅「上品の郷」の駅長さんが、いろいろとお骨折いただいたらしく、非常に暖かいご対応をいただきました。

 ホテル観洋さんといえば、お仕事でご一緒しているIT系の専門学校のM課長さんと「一度は泊まってみたいですねえ~。」といいながら、車で通り過ぎていた場所です。(うらやましいでしょう?M課長)太平洋側で、海の見える温泉ということで、あさひが美しく見えるようです。サウナも「海が見える」つくりになっていて、海を満喫できるホテルです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-窓からの海

【ロビーから見える海】

 

さて、「食べ物ブログ」でしたね・・・今回のお料理はこのような内容でした。

■先付 「マンボウの酢味噌あえ、サンマ、オクラ」

■前菜 「目鯛のでんがく味噌、タコのやわらか煮、マグロの子の煮こごり」

■酢物 「アナゴときゅうり」

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-前菜

                 【前菜と酢の物】

■お造り「マグロ、メカジキ、サケ、ブリ、ぼたんえび」

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-宮城のおさしみ
                      【お造り】

■焼物 「あわび踊り焼き」

■蓋物 「フカヒレ、野菜あんかけ」

■洋皿 「かつお、サメの生ハム、タコの頭と吸盤」

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-洋皿
                       【洋皿】

■台物 「ずわい蟹」

■蒸物 「茶碗蒸し」

■食事 「白ごはん」

■汁椀 「アサリ汁」

■香物 「なんばんきゅうり、だいこん」

■デザート 「フルーツとミニケーキ」

と、すばらしい料理!(料理長、小野正清さん、ありがとうございました。)

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-料理全体
全体的にはこんな感じでした。といっても、これで全部ではありませんが。

そして、さらりと書いてしまいましたが、今回、「あわび」をいただいてしまいました!「踊り焼き」といって、お膳にでてきたときには、まだ生きていて、器にすいついているようなあわび君が、チャッカマンの火とともに焼かれて、じわっとうまみをだしてくれるのです。最後にバターをおとして、ナイフとフォークでいただきます。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-あわび
焼き上がりは、こんな感じです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸のあわび

断面です。

こんなふうに、珍しいものを食べられると写真をとっている私ですが、お酒好きでタバコ好きのメンバーは、料理も食べずに、部屋の隅で片手にビール、片手にタバコで円陣を組んでいます。いいのかなー、あわび、さめちゃうのに。

仙台といえば、牛タン、ということで、牛タンを食べにくる方が多いですが、三陸の魚介類はとてもおいしいです。松島のカキ小屋もいいけれど、田代島も含めて、三陸の海岸を「海の幸グルメツアー」もいいかもしれません。

というわけで、研修といいつつも、とても「イイ思い」をさせてもらったのでした。

店名:南三陸温泉 ホテル観洋

住所:宮城県本吉郡南三陸町黒崎99-17

電話:0226-46-2442

事前にご予約、お問いあわせしてくださいね。

東鳴子の野菜とお米の料理

2009年08月18日00:53

 以前にも紹介したのですが、東鳴子のビックスター鳴子味庵さんの夏野菜料理をいただきましたので、見てくださーい。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-前菜

 グラスに入っているのは、冷たいスープです。ピンク色をしているのは、ビーツが少々はいっているからだとか。夏野菜のキッシュ、グリーンサラダ、プチトマトとチーズのクラッカー。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-前菜そのに

 夏野菜のゼリー寄せ。アスパラ、トマト、にんじん、ヤングコーン、パプリカなど。周囲には薄く削るように切られたキュウリがまいてあります。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-夏野菜のグラタン

 なす、ズッキーニなど、夏野菜の入ったグラタン。

 こちらのお料理は、本当にやさしいお野菜独自の味がします。

コースでお願いすると、古代米のおにぎりや、宮城県産の鶏のコラーゲンスープ、デザートなどなどが続きます。リクエストすれば、「ゆきむすび」という鳴子近辺でつくっているお米のしろ~いご飯も準備してもらえます。

 日によって、手配できる野菜などの材料が異なるそうで、いつ行っても「何がでてくるかしら」と楽しみになります。

店名:ビックスター鳴子味庵(なごみあん)

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字要害38

電話:0229-84-6688

事前に、確認してから行ってくださいね。

特に、コース料理は予約が必要です。

ちょっと豪華にビュッフェスタイルのランチ

2009年08月13日17:13

 お仕事をお願いしているFさんと、打ち合わせを兼ねて遅めのランチ。仙台駅前のホテルメトロポリタンにて待ち合わせ。2階のレストラン「セレニティ」にGO!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-メトロポリタン

 ここのランチは、メインのお料理をパスタ・お魚・お肉などから選び、前菜、パン、デザートなどを、ビュッフェスタイルで好きなだけいただけるうれしいスタイル。Fさんとは、お肉とお魚をシェアしあって、前菜は好きなだけいただきました。

 写真に写っているのは、「サラダヌードル」「パプリカのトマトソース」「お魚とオクラのフリッター」「きのこと牛肉の炒め物」「生春巻」「野菜のムース」など。こちらのお店は、地元の食材を多く使っているようですね。

 食後のコーヒーのおかわりも、「いかがですか?」とまめにまわってきてくれます。そうそう行けないけれど、おいしさ、居心地、どちらもGoodです。

店名: 旬菜グリネ&カフェ「セレニティ」

住所: 仙台市青葉区中央1-1-1

     仙台駅前ホテルメトロポリタン2階

電話: 022-268-2525(代)

メニューその他、確認してから行ってくださいね。

美里町「はなやか亭」の日替わり定食

2009年08月11日01:38

 宮城県の中では、仙台より北にある「鹿島台」というJRの駅に近いところに、花野果市場(はなやかいちば)という直売所があります。直売所の中に、それほど広くはないのですが飲食コーナーがあります。20任くらいは座れるでしょうか。

 「おにぎり」とか「はっと」にもそそられるものはあったのですが、すでに食事をしているお客様が食べているものに目がいき・・・それを頼んでしまいました。日替わりの定食ではありましたが、この直売所を知る人から「豚のしょうが焼きがおいしい」と聞いていて、その日の日替わりのメインディッシュがしょうが焼きだったのです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-はなやか

けっこうなボリュームの日替わり定食。

小鉢が何種類もついてくるのもうれしいです。

直売所での買い物を、ちょうどお昼にすれば、食事も一緒にできますね。

店名:はなやか亭

住所:宮城県遠田郡美里町練牛字6号-12

電話:0229-59-1313

営業時間やお休み、メニューなど、確認してから行ってくださいね。

東松島で「うに」をいただきました

2009年08月09日11:32

 今月末に開催する「食材王国みやぎを学ぶ」まなび旅の打ち合わせで、東松島にいってきました。仙台に住んでいる私も、「松島」には何度か行ったことがありますが、「東松島」には行ったことがありませんでした。東松島は、市町村合併で、「鳴瀬町」と「矢本町」がひとつの「市」になったところです。

 自分でも大変に反省したのですが、仙台にくる知人を松島には案内しても、遊覧船に乗ってもらって散歩して終わり・・・その先にどんなところがあるかのご案内をしていませんでした。東松島には、日本三大渓の嵯峨渓、

松島四大観の大高森などがあります。また、東松島縄文村歴史資料館では、実際の貝塚見学や火起こし体験などもできるそうです。

 今度は、「松島、その先の松島」に友人を案内してみようと思います。

 さて、今回、東松島を案内してくれた方がつれていってくれたのは、大高森観光ホテルさんでの食事。いまが季節の「うに」!!でした。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-うに定食

ごはん、味噌汁、漬物、小鉢(この日は新鮮なひじき)、そして生ウニ!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-うに

写真ではわかりにくいですが、ひとつひとつが肉厚(というのかな?)でぷりぷりとしているウニです。

てんこもりでした。大満足。

お食事だけでも利用できるそうですが、予約をしたほうがよいとのことです。

店名:大高森観光ホテル
住所:宮城県東松島市宮戸字川原3
電話:0225-88-2121

事前に、場所や営業時間を確認して行ってみてください!!

かもそば in登米市

2009年08月09日01:09

先日、仕事で登米市にいってまいりました。

宮城県登米市は、市町村合併で、とても広い「市」となりました。

今回おじゃましたのは、登米市でも「佐沼」というところです。

登米市というと、いまやB1グランプリやケンミンショーでも登場する「あぶら麩丼」。しかし、どちらかというと登米市の中でも「登米(とよま)」という地区に、あぶら麩丼やさんは集中していて、今回うかがった、「中田」「迫」という地区には、それほど多くはありません。

今回は役場の方におしえていただいた蕎麦やさんにいってきました。

お店の方のおすすめということもあり、十一(二八ではなく十一だそうです)のおそばをいただきました。役場の方のおすすめは、かも蕎麦ということで、「十一+かもなん」の組み合わせ。

仙台のおいしいものをご紹介-そば

仙台のおいしいものをご紹介-かもそば

おそばはこしのある麺でした。もちろんお蕎麦もおいしかったのですが、かも蕎麦のつけ汁(っていうのかなー?)がすごくおいしかったです。ネギがこんがりと焼いてあるその焼き具合もたまりませんでした。

店名:直利庵 三浦屋

住所:宮城県登米市迫町佐沼字錦8

電話:0220-22-3109

お休みや営業時間は、確認してから行ってみてください。