English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. まなび

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

山形でのフォーラム:東日本大震災からの復興

2011年11月06日21:29

 宮城と山形両県の将来をともに考え連携をしていく、というフォーラムが開催されます。今回のテーマは、東日本大震災からの復興。基調講演は、日本政策投資銀行の藻谷浩介です。事例発表もあるそうですよ。

第5回 宮城・山形未来創造フォーラム

テーマ:東日本大震災からの復興

日時: 23年11月15日火曜日10:00から12:00

場所: ホテルメトロポリタン山形 4階 霞城

内容: 基調講演「震災復興と東北の未来」

      日本政策投資銀行 参事役 藻谷 浩介氏

     実践事例発表

      「東日本大震災から復興への思い」

        発表者:南三陸ホテル観洋 常務 外内商治氏

      「商店街のネットワークを通じた復興支援の取り組み」

        発表者:酒田・中通り商店街振興組合 理事 佐藤幸美氏

定員:100名 先着順

入場無料

申込みは、11/9までに、山形県企画振興部企画調整課まで

http://www.pref.yamagata.jp/ou/kikakushinko/020060/kikakurinku/renkeikouryu/5kaiforamutirashi.pdf

ぶらサンモ! (後篇)

2011年08月08日20:38

 野中神社を参拝し、ガイドさんのお話を伺いました。野中神社は、伏見稲荷を模してつくられたとか。かなり規模を縮小してつくったのですね。しかし、もっと興味深いお話は、「昭和20年の空襲で被害を受けて焼けてしまったけれど、翌年にはもう仮社殿ができていた。が、この頃の地図には、野中神社は載っていない」と。

 そんなにすぐに仮社殿ができるとは、やはり平和を願ってのことなのでしょうか。でも、地図にないのは、どういうことなのでしょうかね?現在の地図には、掲載されていますよ。

 不思議な気持ちを抱いたまま、芭蕉の辻へ。

 「芭蕉の辻」という地名と「松尾芭蕉」さんは、関係ないのだそうです。ソウナンダ!シラナカッタ!もともとは「札の辻」ということで、奥州街道の重要なポイントになっていたそうです。ここでは、「芭蕉の辻」が、かつて伊達の時代にどのような役割をしていたのかを伺いました。もう、400年も前の時代が、今に続いているのだと実感しました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 サンモール一番町 ぶらサンモ

 ガイドさんは、仙台市内の詳しい地図を見せてくださりながら、地名や歴史も含めて、説明してくださいました。ありがとうございました。

 そして、「こんなところで?」と驚くようなあるプロジェクトのお話を聞くべく、あるビルの屋上に向かました。仙台では、商店街のビルの屋上で「ミツバチ」を育むプロジェクトが進んでいます。

仙台ミツバチプロジェクトはこちら→http://sen-pachi.jp/post/1713067817

 今日は、仙台ミツバチプロジェクトの理事長、阿部さんに説明を伺いました。ミツバチは、この世の中の自然環境をつくるためには、必要な生き物。ミツバチが少なくなると、植物の成長に支障をきたし、生態系自体が変化していくことになります。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 サンモール一番町 ぶらサンモ

 わたしたちは、お話を伺っただけでなく、ハチを見せていただき、ハチミツ自体も見せていただき、なんとハチミツの味見までさせていただきました。なんと、ありがたい!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 サンモール一番町 はちみつ ぶらサンモ
 ハチミツは、とてもすきとおっていてきれいでした。味は、さらりとした感じなのに、コクがあって、自然の甘さでした。このハチミツのプロジェクトには、「仙ぱちファンクラブ」と「養蜂サポーター」というふたつの応援の仕方があるそうです。

 仙ぱちファンクラブ ⇒http://sen-pachi.jp/fans

 とても、内容の濃い「ぶらサンモ」でした。このブログには、かなりはしょった状態のものが記載されています。もし、興味をもった方は、また10月ころに企画をするとのことでしたので、そのときに、一緒にいきましょう。

 CMは・・・仙ぱちファンクラブ のサイトで、さらに詳しくみてみてくださいー。という内容でした。

 仙ぱちファンクラブ ⇒http://sen-pachi.jp/fans

ぶらサンモ! (前篇)

2011年08月07日18:55

 今日は、仙台七夕まつりの2日目。ぴかーん!という夏の暑さが戻ってきましたが、午後に少しだけ雨が降って、まるで打ち水のように涼しさをはこんでくれました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 サンモール一番町 ぶらサンモ

 そんな中、「ぶらサンモ」というイベントに参加してきました。仙台には、商店街がいくつかありますが、その中の「サンモール一番町」を中心にマチアルキをするというものです。ワクワク。

 サンモール一番町のサイトは、こちら→http://sunmall-ichibancho.com/

 サンモール一番町商店街の一角に集合し、まずはいろは横丁を通り抜けます。いろは横丁って、なぜ「いろは横丁」と名前がついたのでしょうか。それは、もともと「1-2-3」と数字がそろった番地だったことからきているそうです。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-ぶらサンモ いろは横丁 井戸

 これは、いろは横丁の一角にある井戸。昨年の9月に復活したもので、ちゃんと水がでます。震災のあと、水道が復旧しなかったときには、大活躍だったそうです。

 いろは横丁を通り抜けると、そこには東二番丁幼稚園があります。ここで、ガイドさんからクイズが・・・。この幼稚園の設立は、日本で何番目だったでしょうか?答え→(  )番目 正解はCMのあとで。

 その東二番丁通りと、東一番町通りの間にある通りが、正式には「南光院丁通り」「教楽院丁通り」というのだそうで、これらは、かつて「南光院」といったお寺があったのではないか、ということです。

 こんなに歩いている通りなのに、正式な名前を知りませんでしたー。また、通称もあるそうです。これも教えてもらいました。これも、CMのあとかなー。

 続いて、野中神社に。

 野中神社は、ビルの谷間にある神社。商売繁盛と、縁結びの神社だそうです。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 サンモール一番町 ぶらサンモ

 参加者のKさんはおみくじをひいていましたが、「末吉だー」と喜んでいたのか、悲しんでいたのか?凶じゃなくてよかったですね。

 普通にサンモールを歩いているだけでは、見逃してしまいます。小さな可愛い鳥居を見逃さないようにして、行ってみてください。

 このあと、芭蕉の辻、ミツバチブロジェクトと続くのですが、いったんCMに・・・。

 CMは、いろは横丁の名物「黄金焼き」のお店「豆や」さん。豆やさんでは、いつも元気な「まゆみさん」が黄金焼きを焼いています。最近は、いろは横丁を通りかかるサラリーマンやOLさんに、「ちょびっとごはん」や「野菜まるごと」や「野菜スープ」など。健康に気をつかったメニューも提供しています。しかも、100円とか200円とかで・・・。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-仙台 いろは横丁 豆や

店名:豆や(まめや)

住所:いろは横丁

ということで、東二番丁幼稚園の設立は、日本で何番目だったでしょうか?答え→( 2 )番目 

「南光院丁通り」「教楽院丁通り」の通称は、東1.5番丁通り、だそうです。

こんなにいろいろなオモシロイ話を聞かせていただき、とても楽しい「ぶらサンモ」でした。

後半に続く・・・。

ロバート・キャンベル先生のお話 in 鳴子

2011年05月23日01:10

 ロバート・キャンベル先生が鳴子に来られる!

 今日から、鳴子温泉でロバート・キャンベル先生の「読書会」と「ほっとスプリング放談」が開催、私も参加してきました!日本人以上に、とても日本人らしい感覚の持ち主の先生でした~。

 もともと、3月に鳴子で学生さんたちと合宿を予定していたそうですが、震災で中止をすることに。その鳴子で、今回の震災で被害にあった方が二次避難をしているということで、なにかできないかと考えたそうです。

 河北新報さんにも、掲載されていました。

 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110520t15050.htm

 キャンベル先生の読書会は、避難してきている方で、中学生を対象にしたものと20歳以上の大人の方を対象にしたものが開催されます。また、避難住民の方と一般の方も対象にした「ほっとスプリング放談」も開催されます。

 今日の「ほっとスプリング放談」では、「橘 曙覧(たちばなのあけみ)」という江戸時代末期の歌人の歌のお話を伺いました。お恥ずかしいことですが、私は、この歌人の名前を初めて知りました。たのしみは~で始まり、~ときで終わる特徴ある「独楽吟」を詠った方で、かつてアメリカのビル・クリントン元大統領が、この歌から一部をスピーチに引用したのだそうです。

 「独楽吟」は、現在でいうと「あ~、こんなときが幸せなひとときだ~」というようなシチュエーションを歌に詠んだもので、1番目の「たのしみは、草のいほりの筵(むしろ)敷き、ひとりこころを静めをるとき」から、なんと52番目まで続きます。「妻と子供と一緒にご飯をたべるとき」とか「朝起きて、昨日まで咲いていなかった花が咲いているのを見たとき」など、昔も今も変わらない日本人の心を感じます。

 キャンベル先生は、日本には「並べていく」という事象があるとおっしゃっていました。枕草子でも、「うつくしきもの」を文中で並べており、「独楽吟」も「たのしみ」を並べている、と。

 大学時代、私も文学部でした。と、いっても英文学でしたが。大学の授業がとても「おもしろかった」という記憶は少ないのですが、なぜ大学を卒業してから大学の先生の話を聞くと、とてもおもしろく感じるのでしょうね。不思議です。。。。

 先生は、9月くらいまでこの会を続けるそうで、次回は、6月5日の日曜日。中学生対象の読書会が午前中、午後1時30分からが「ほっとスプリング放談」、午後3時からが、大人対象の読書会です。読書会は、本の準備などがあるので、予約制だそうです。ほっとスプリング放談は、避難住民以外の方も参加できるので、時間がある方はのぞいてみてください。詳しくは、事務局の大沼さんまで問い合わせてください。

 おー、そういえば、このブログ「おいしいもの」ブログでしたね。

 今回は、夕方とてもおなかがすいていたので、東鳴子の「千両」さんへgo。もやしたっぷりの「辛味噌ラーメン」をいただきました。真剣にだれかの話を聞くと、オナカがすくんですねー。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-鳴子 千両 辛味噌ラーメン

店名:食堂 千両

住所:大崎市鳴子温泉 鳴子御殿湯駅から徒歩5分

宮治さんと本田さん、農商工連携セミナーin山形

2011年01月27日08:07

 昨年、農商工連携プロデューサー育成塾でご一緒させていただいた、山形市のMさんからセミナーのご案内をいただきました。山形の方からのご案内ですから・・・主催は山形市さん、東北経済産業局さんも、でした。開催地は、もちろん山形です。

 基調講演は、NPO法人農家のこせがれネットワークの代表でもあり、自らも株式会社みやじ豚を経営している「宮治勇輔さん」のお話。事例紹介は、会津食のルネッサンスの代表「本田勝之助さん」。なんて、ぜいたくなんでしょうかー。

 以下は、Mさんからのご紹介文です。ご参考に。

 農商工連携の取組みについては,各地で様々な取組みがなされているところですが,この山形市においては,先駆的な事業者数社の取組みにとどまっている状況です。

 しかしながら,農業を専業で行っている認定農業者の中には関心を持っている方々がいらっしゃったり,商工会議所内でも事例を聞いてみたいという声もでてきており,こうした農商工連携に関係する方々から成功事例を聞いてもらうことで,取組みの機運を盛上げ裾野を拡大していきたいという思いでセミナーを開催することになりました。

日時:平成23年2月18日 金曜日 13:30~18:30

会場:山形グランドホテル

参加費:無料ですが、懇親会に参加される場合には、2500円

●詳しくは,山形市ホームページをご覧ください。
http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/ibento/shiseijoho/17959ed0119090039.html
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-石巻 木村さん ササニシキ 有機農業

 この画像は、山形ではなく、石巻の農家さんが撮影したもの。

とても、ステキです。

ネットが使えて、イケメンで・・・短期研修生募集中

2011年01月25日08:39

 現在、「短期研修生」を募集しています。なんの研修かって?農山漁村で様々なお仕事をしているみなさんのお手伝いをする研修です。この研修をきっかけに、郡部をみつめてほしいなというものです。

 その受け入れ先のTさんと打ち合わせ。Tさんの実家は、鮮魚小売店。市場で仕入れた魚を、普通に小売するのではない別の方法で、ダイレクトにお客様に届ける方法はないか・・と模索中です。この「模索中」を「実験中」にすべく、短期研修生にいろいろと手伝ってもらいたいのだそうです。

 私:で、どんな人にきてほしい?

 Tさん:市場の朝は早いから、早く起きれる人

 私:で、市場のすぐ隣で「今日の仕入れたものはコチラです」とネットに画像を流すわけ?

 Tさん:そうそう、だから、できるだけオトコマエがいいですね。イケメンっちゅうことですかね。笑

 まあイケメン度合いは、一般尺度がないので、自己判断ですね。

というような、短期研修生を募集しています。1次募集は、1月25日までですが、2次募集をする地域もでてきそうです。やる気のある人、やる気をだしたい人・・・せひ、ご参加ください。

「短期研修生募集」

2/1~3/16の期間に下記の地域で活動をする研修生を募集いたします。

・石巻市内 鮮魚流通に関する企画運営を支援してくれる方

・石巻旧河南町 農業ボランティア募集の仕組みづくりを支援してくれる方

・石巻田代島 鮮魚流通に関する企画運営を支援してくれる方

・登米市南方 農業全般を手伝ってくれる方、社長の片腕に将来なってくれる人

・宮城県大崎市 カルチャースクールについての企画支援をしてくれる方、地域産業に興味ある方

・山形県最上 湯治温泉旅館の仕事やまちづくりについての仕事を手伝ってくれる方

こちらで、確認してください

  ↓

http://www.55yui.net/challenge/

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-石巻 農業 働き隊

この写真は、石巻旧河南町の農業法人さんからお借りしたものです。こちらの農業法人さんでは、かなり前から有機栽培をしており、夏場には草取りが大変。そんなときに、ボランティアにかけつけてくれる方がたくさんいるといいなあ、と、今回、研修生募集をすることに。

農作業が忙しくならないうちに、仕組みづくりをしたいなー、とのことです。仕組みはつくれないけれど、農作業のボランティアに行きたいわん、という方も、ぜひ、ご一報くださいまし。

ゆいネット⇒研修生募集担当まで http://www.55yui.net/challenge/

山形ネタ:雪の庄内にいってみませんか?

2011年01月18日08:02

 昨年の冬、山形県鶴岡市に行ったときのこと。宮城の県北から国道47号経由で山形入りをしようとしていた私でしたが、「すごい雪だから、やめたほうがいい」と。私は、車を宮城県の鳴子に置いて、陸羽東線で山形へ。途中強風で電車が止まったりして、予定よりはるかに遅れて鶴岡駅に到着。

 そして、見たものは!!

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-雪の庄内、鶴岡

歩道すら、歩けませんでした。

そんな、山形は庄内の、冬ならではのおススメ企画をご紹介します。

【寒鱈汁づくり体験】 1月22日・23日開催
 庄内には、庄内浜文化伝道師とマイスターという魚介類の食文化に関する豊富な知識や高度な技術を持っているひとたちがいるそうです。その方と寒鱈づくしの料理をつくって味わおう!という企画です。

【庄内酒蔵探訪】 1月29日・30日開催
 庄内に19蔵ある酒蔵は今が仕込みの最盛期!そのうち3つの蔵を探訪し、山王新酒まつり、利き酒師のミニセミナーなどを開催するそうです。

【黒川・蝋燭能】 2月26日・27日開催
 500年以上にわたり継承されている黒川能を、幻想的な蝋燭の明かりの中で堪能できるそうです。能役者や地元ボランティアスタッフと郷土料理を囲んでの交流会もあるそうで、個人的には、とってもいってみたいメニューです。
 
詳しくは、主催の出羽庄内地域デザインさんのホームページをご覧下さい。
URL : http://www.cradle-ds.jp

追伸 昨年は、「緑のイスキア」さんにも行ったのでした。 ピッツァ・・・おいしかったです。

第5回みやぎ・やまがた地域を越えてチャレンジする女性の交流会

2011年01月17日00:51

 第5回みやぎ・やまがた地域を越えてチャレンジする女性の交流会が開催されます。

私は、第2回のときに初めて参加させていただき、それからずっと参加しています。宮城と山形を、毎年交代で会場にしていて、今年は、山形での開催です。開催場所は、山形のメトロポリタンホテルなので、仙台から行くのも、便利ですね。

日時: 平成23年2月18日(金曜日) 午前10時30分~午後3時40分

場所: ホテルメトロポリタン山形 (山形市香澄町1-1-1)

内容: 基調講演(ラスクやケーキで有名な、シベールの熊谷会長からのお話です)

     昼食交流会(山形の食材でおいしく楽しく交流会)

     分科会交流(各テーマにわかれて、グループディスカッション)

申込受付期間 平成23年1月6日(木曜日)~26日(水曜日)

山形県のホームページから⇒詳細内容はこちら

宮城県のホームページから⇒詳細はこちら

この日、定期出張のワタクシは、残念ながら参加できません。

みなさん、参加していただき、当日の感想をお聞かせくださいまし。