English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 芸能、芸術など

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

ネコ島こと田代島でバンブーデッキ

2013年06月09日23:24

 宮城には、ネコの島として知られる「田代島があります。・・・宮城のうまいモンの話でなくてすみません。

 昨年度、島の方とも一緒に、津波被災箇所に「バンブーデッキ」をつくりました。島の竹林被害の対策も兼ねて、竹で何かつくれるのではないか、とプロジェクトメンバーのMさんが提案。その提案を裏付けるような設計図をフリーハンドで描いた一級建築士のHさん、その設計図の腕前は見事すぎて、かつて当社のスタッフMくんがフリーハンドで描いた当社のフリーペーパーのラフ案のようでした。

 Hさんの腕前は、置いておいて・・・昨年度、悪天候でなかなか島に行けなかったのですが、2月に完成の日の目を見たのでした。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島バンブーデッキ2

みんな寝てるー。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島バンブーデッキ1

え?私が写ってないって?

そうです、昨年度は、私こそなかなかプロジェクトに参加できなかったのでした。

だが、しかーし、今年度もプロジェクト活動します。

一緒にバンブーデッキをつくりたい方!

Hさんの設計図を見てみたい方!

バンブーデッキに寝転んでみたい方!

とにかく田代島に行きたい方!

そんな方は、ぜひご一方くださいまし。

あったまって笑って、花山寄席

2011年10月17日11:55

 東日本大震災から7ケ月、しかし忘れてはならないのが3年前におきた「岩手・宮城内陸地震」。栗原市の花山地区では、国道が復旧するのに約2年かかったとか。やっと復旧したと思ったら、今度は、東日本大震災。そういえば、昨年の6月頃にくりこまにいったなー。まだ国道が開通していないころでしたね。

 が、しかし、栗原でも「がんばっぺ宮城!がんばっぺす花山!!」と、きたる平成23年11月14日月曜日、花山温泉温湯山荘で、桂歌春さんの独演会を開催することに。

 この催しには、当社のスタッフAさんが「地域おこし協力隊員」としてお手伝いをしています。

隊員ブログ⇒http://kyouryoku-hanayama.seesaa.net/

 

 温泉でゆっくりして、ほっこりしたい方、ぜひ行ってみてください。

◆あったまって笑って、花山寄席◆

日時:平成23年11月14日月曜日 昼の部は11時から 夜の部は18時から

場所:花山温泉 温湯山荘 (宮城県栗原市花山字本沢温湯15-1)

予約問合せ:0228-56-2040 温湯山荘

ちなみに、当社には登米市でがんばっているスタッフTさんと、丸森町ひっぽでがんばっているTさん・・・あ、2人ともイニシャルがTだ・・・が、います。2人の活躍もぜひ、覗いてみてください。

隊員のブログin登米市米川⇒http://kyouryoku-yonekawa.seesaa.net/

隊員のブログin丸森町ひっぽ⇒http://kyouryoku-hippo.seesaa.net/

 

連休ですね たまには、落語などいかが? in 仙台

2011年05月03日23:16


 今日は、元インターン生のTちゃんと、登米市あたりをうろうろとドライブしてきました。いつもの調子で、東北道にのったら、結構渋滞があり、「ゴールデンウィークだったんだー」と実感しました。


 Tちゃんと一緒に食べたごはんの報告は、あらためてするとして・・・今回は、身近なイベントのご紹介です。落語好きなSさんのブログからの抜粋です。


 ⇒ウワサのブログ 落語見聞録



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

東北学院大学落語研究会 部員&OB株式会社 いきちか 様のご好意により

5月4日に落語会を開催することになりました。

「被災地でやる、被災者による、被災者のための」落語会

といったところでしょうか?

震災から1ヶ月あまり。仙台市街地はかなり復旧して活気にあふれてきました!

そんな元気も届けられたらいいな~と思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

緊急企画
「みやぎ芸人発見伝~その8~」
~復興応援! チャリティー落語会~
開催日時:2011年5月4日(水・祝)
      13時30分開演(13時開場)
      15時ごろ終演予定
会場:いきちかセミナールーム
仙台市青葉区本町1-5-31 シエロ仙台ビル 7階
(仙台駅より徒歩10分程度)
http://sendai-no.info/rentalroom.html
木戸銭:無料(「投げ銭」歓迎!)
※投げ銭は全額、東日本大震災義援金とさせていただきます。
出演:東北学院大学落語研究会 部員&OB 有志
定員:20席程度
ご希望の方はお早めに
yukiyakonko☆mail.goo.ne.jp (☆を@に変えてください)
までお知らせ頂けると
出演者、スタッフの励みになります。
もちろん、当日ふらりと来ていただくのも大歓迎です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・とのことなので、急な告知ですが、「ふらり」といける方は、ぜひのぞいてみてください。私は、明日から一旦帰省いたしますので、残念ですが、参加できないのです。参加できる方、楽しんできてください。

南三陸、EXILEに行列!

2011年05月03日08:15

 南三陸の福興市では、中学校卒業生との歌・記念撮影のあと、EXILE(エグザイル)のみなさんが握手会(?)を開催。列の一部の写真です。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 EXILE 復興

 中学生とともに、地域に住むみなさんが並びました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 EXILE 復興

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 EXILE 復興

 とても短い時間でしたが、みなさんと精一杯握手してくれていましたよ。トータルすると、この場所にいた時間は1時間にも満たないのではなかったかしら。最後に、司会の方が「EXILEのみなさんは、あと30秒しか時間がありません」と言っていました。

 有名人は大変ですね。なんだかトラックのような車にのって帰りました。姿が見えないように・・なのかな?

 たくさんの避難所に、たくさんの有名人がきてくれているようです。炊き出しや、歌やら、チャリティ募金やら。各地の復興には、時間が長くかかりそうです。このような支援が、一時の流行のようなものにならないようにするには、どうしたらいいのでしょうね。

南三陸に、EXILEがきた!

2011年05月02日08:42

 南三陸町の福興市(復興市)にはステージが設営されていて、楽器演奏など様々なイベントが開催されていました。

「まもなく、スペシャルゲストが登場します!」

 アンウンスが入り、ステージの周りに人だかりができはじめました。一緒に南三陸にいっていたMちゃんが、近くにいた人に「誰がくるんですかー?」と聞きにいたら「えー!?ホントですかー」と叫んでいます。

「EXILE(エグザイル)がくるらしいですよ。」

 地元の中学生たちが、卒業式に皆で歌うはずだったEXILEの「道」。卒業式の前日に、あの大きな津波が町をのみこんでしまいました。卒業の記念に生徒さんたちが撮影した集合写真が、泥の中からみつかったのだとか。写真やさんの息子さんが丁寧に泥をふきとってキレイにした写真を、生徒さんたちは大事にしているそうです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 EXILE 復興

 HIROさん、MAKIDAIさん、AKIRAさん、SHOKICHIさんの4人がステージに。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 EXILE

 生徒さんたちと一緒に、アカペラで「道」を歌ってくれました。

 震災のときに仙台にいた私は、「地震の揺れ」の大きさは体験しましたが、南三陸をはじめ沿岸部の人たちはさらに「津波」という体験をしています。あの体験を克服していくには、大人だって大変なはず。子供はもっと大変でしょう。しかし、これからの時代は、この中学生たちや、高校生たちがつくっていく時代。いろいろな形での応援があると実感しました。

 

山形の楽しみ!仏女に贈るパワースポット

2010年11月20日06:34

 山形の「出羽庄内地域デザイン」さんから、楽しそうな旅行のご案内をいただきました。

 その名も「女性限定!仏女に贈る、人気のパワースポット巡り!」です。

 しかも、「山伏と行く」ツアーのようです。

 最近、山形の情報をたくさんいただいて、山形がとても身近に感じられます。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-山形 出羽庄内地域デザイン

日程 12/4~12/5

行程 12/4 

9:00仙台駅発⇒知憩軒(農林漁家民宿100選にえらばれたところ、こちらでお昼ごはん)⇒いでは文化記念館⇒羽黒山五重塔⇒杉並木と石段(ミュラン・グリーンガイド・ジャポン3つ星の道)⇒三神合祭殿(ご祈祷)⇒羽黒山宿坊(夕食は精進料理)⇒食後に講話

行程 12/5

9:00宿坊発⇒玉川寺(座禅と法話のあと、美しい庭園を見ながら抹茶をいただきます)⇒アル・ケッチャーノ(女性に人気のイタリアンレストラン)⇒注連寺⇒18:30仙台駅着

代金 27,000円(税込み)

締切 11/30

申し込み先 株式会社出羽庄内地域デザイン 

        TEL 0800-800-0806 (フリーアクセス)

詳しい内容は、サイトに紹介されています。

http://www.cradle-ds.jp/concrete5/plan002/

羽黒山にいって、マイナスイオンを浴びてリフレッシュするのもいいですね!

その前に、スニーカー買わなくちゃ!石段を登れない!!

スタッフ募集!お酒と音楽のイベント

2010年11月19日06:53

 さきにもお知らせをしました、鳴子のイベントの件です。

このイベントの裏方さんをお手伝いしてくれる方を募集しております。

 1泊2日でお手伝いいただける方

   ⇒宿泊料、懇親会参加料、仙台駅からの送迎などの費用を

     すべて含んで、「参加料9800円」

 え、イベントのお手伝いをするのに、参加料が必要なの?って、思うかもしれませんが、この時期、温泉街はどこも多忙。だからこそ、お手伝いの方にいていただきたい!

 イベントのお手伝いは、会場設営や、お酒の試飲コーナーや販売コーナーなど。そして、これを通して、地元のみなさんとも仲良くいたしましょう。

参加したいけれど、全スケジュールは無理という方は、ぜひ実行委員会さんと調整してみてください。良い参加の仕方があるはずです!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳴子温泉郷の地酒・大集合! &
ライブ「おんがく酒房『五湯遊覧』」

9つの泉質を持つ鳴子温泉郷にて、
9種の地酒を味わい、
9人のアーティストによる音楽を楽しむ
秋のスペシャル企画。


日 時:2010年 11月20日から 21日(日)
集合場所 仙台駅
イベント開催場所:鬼首山学校
    宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字八幡原34
参加費:9,800円(仙台からの送迎、食事、1泊のお泊り代、
傷害保険代を含む)
ご予約・お問合せ:
「鳴子温泉郷の地酒・大集合!」実行委員会事務局(旅館大沼内)
TEL:0229-83-3052 FAX:0229-83-3927 
E-mail:naruko1121@1000toji.com
または、問い合わせ窓口 ゆいネット 022-726-0341 まで。

鳴子のおいしく楽しい音楽イベント:鳴響

2010年11月12日08:50

 今年の夏、鳴子の「ホットパーク」という足湯のスポットで行われた、電子音楽の夕べ。その音楽イベントの中心となっていたメンバーが、またまた、鳴子にやってきます。

 ライブは、「Firo」「いろのみ」「Coupie」が出演。今回は、鳴子のこけし職人さんにもご協力をいただき、木を削る音などもサンプリングするのだそうです。そして、ゲストライブに「antennasia」「TOSHIYUKI YASUDA」。一番塾に参加の方には、おなじみですね。

 以下、涼音堂の星さんからのお知らせです。

-----------------------------------------------------------------—
鳴子温泉は東北の古い湯治文化を残す、
全国的にも指折りの名湯が並ぶ温泉郷です。
秋深まる温泉が恋しい季節
街のあちこちに煙る湯気、漂う湯の香り、純朴にたたずむこけし達、
きのこ鍋、おむすび、あったかいなめこそば…..
鳴子温泉には東北の温泉の魅力がいっぱい!
そんな東北最大の湯治場にして情緒満点の温泉郷 
宮城県鳴子温泉にて、
電子音楽と東北の湯治場の魅力を「接続」し、
ゆったり、まったり電子音楽を のんびり温泉につかったりしな
がら楽しむ
温泉チルアウトフェス『鳴響』。
地元の民謡のおじいちゃんとの電子音楽セッションや、
地元のこけし職人の方のこけしを削る音をサンプリングして
リズムに組み上げる「こけしセッション」など、
東北の温泉地の魅力と電子音楽を接続する試みを詰め込みました。
こけし型のチケットには5つの協賛旅館での湯めぐりがつき、
ライヴはすべて露天風呂で聴くことが出来ます。
温泉ベストシーズンでの開催です。

http://www.onsenchillout.com/narukyo3
---------------------------------------------
『鳴響pH:3.0』
2010年11月27日(土)
場所: 宮城 鳴子温泉(宮城県大崎市)
姥の湯旅館大広間
岡崎斉の店/桜井こけし店/好日館
featuring:
森繁哉(舞踏家/21世紀湯治文化研究所所長)
佐藤民男(民謡)
岡崎斉一(鳴子こけし職人)桜井昭寛(鳴子こけし職人)
Guest Live:
antennasia
TOSHIYUKI YASUDA
Live:
Firo
いろのみ
Coupie
映像/空間インスタレーション
東京食堂
椎名勇仁
入場料: ¥3,800(湯めぐり+絵付けこけし付き)
11/27-28の二日間 
東川原湯旅館/登良屋/東多賀の湯/西多賀旅館
5つの各宿の名湯で湯めぐりが出来ます。
宿泊付きチケット
¥6,800~(『鳴響』チケット+一泊+湯めぐり/限定枚数)
(値段は宿によって異なります)
---------------------------------------------
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-東鳴子 むすびや 小昼らんち

 鳴子にいったら、鳴子のお米「ゆきむすび」のおにぎりを食べられるお店「むすびや」にもいってね。ただし、土日しか営業していないので、ご注意。

ばたばたとしてました:新庄まつり

2010年09月20日11:27

 前回、八鍬さんのところにいったブログをアップしてから、すっかりご無沙汰してしまいました。ブログはなるべくこまめに書かないとネ、と思うけれど、ルーティンになかなかできないですねー。

 さて、先月、新庄にいってきました。「新庄まつり」というお祭りがあるとおしえていただき、見にいってきました。新庄まつりの説明を、一緒に聞いていたのは東鳴子の旅館大沼の5代目湯守、大沼伸治さん。

新庄の井上さん「新庄まつりというものがありまして・・・」

東鳴子の大沼さん「へー、何回目くらいなんですか?」

新庄の井上さん「255年続いています。」

東鳴子の大沼さん「へ!?」

 というわけで、255年続いているものを確認にいきました。東北には、4大まつりとか夏祭りとかいわれるものがあって、内外からの観光客をひきつけています。新庄まつりは、どちらかというと、企業色の弱い、地元の皆さんがつくっているお祭り。だから、地元の人たちは、ここに注力、外にでている人は祭りのために帰省する、学校も休みになるという地元密着型。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-新庄まつり

 たいがいのお祭りは、企業協賛が入っていて、協賛が少なくなると祭り自体の開催ができなくなるものも多いですね。新庄まつりは、山車も、衣装も、地域の人たちの手作りだったり負担だったり。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-新庄まつり

 それぞれに、ストーリーと山車の装飾がすばらしくマッチ。来年は、街中を歩きながら、ぶらぶらと見てみたいです。

新庄、最上ネタでした。