English仙台、宮城の地域資源を活かした「学びと旅の融合」を目指す、株式会社たびむすびの公式サイト。

  1. トップページ
  2. 宮城・仙台のおいしいものをご紹介
  3. 宮城の地産地消

宮城・仙台のおいしいものをご紹介

宮城のグルメ情報「南三陸キラキラうに丼」第1弾!

2013年06月07日21:21

 南三陸の「キラキラ丼」は、5月に入り「キラキラうに丼」がリリースとなりました。キラキラうに丼は、5月から8月までの4ケ月間食べられるので、もしかすると全件制覇か!?・・・なんて、思っても、なかなか実現できないのですが。

 しかーし、6月に入り、今時点で3件という進捗。ちょっといいペースかも。

 今回の写真は、商工団地にある「静江館」さんの「南三陸キラキラうに丼」。

 うにも好きですが、エビが入っていてタマゴも入っているのが嬉しい!です。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸キラキラうに丼静江館

南三陸キラキラうに丼 ⇒http://www.m-kankou.jp/bowl/

一緒に塩釜にいきましょ

2012年03月13日01:22

 東日本大震災で被害を受けた、本塩釜駅。ここは、塩竈神社やマグロで有名な仲卸などの迎えてくれる塩竈の玄関口。3月17日に、この駅の観光案内所が復活します。

復活を記念して、塩竈のマチアルキに参加しませんかー?

□「佳き味噌・佳き酒・愉し宴」コース 参加費1500円 

  3/17 14:45本塩釜集合 解散は18:00頃

 創業1845年の醸造会社、太田與八郎商店を見学(200円のお買物券つき)

  ↓

 阿部勘酒造さんの見学(200円のお買物券つき)

  ↓

 熊久商店にて酒屋飲み体験(おつまみと2ドリンク付き)

□「佳き茶・佳き器・旨い寿司」コース 参加費2000円

  3/24 土曜日 10:00本塩釜集合 解散は13:00頃

 社長の矢部さんが厳選したお茶を見る「矢部園」(200円のお買物券つき)

  ↓

 伊万里焼・有田焼専門の器やさん「ひろ埜」(2割引お買物クーポン付き)

  ↓

 すし「はま勢」さんを訪問(すしランチ&ワンドリンク付き)

お問合せは、「たびむすび」まで。022-748-6230です。

URL http://www.tabimusubi.co.jp/

震災後、復活のキラキラ丼:in南三陸

2012年03月13日00:28

 南三陸には、歌津と志津川に復興商店街ができました。3月11日は、オーマの島ちゃんと「南三陸さんさん商店街」を訪問してきました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸さんさん商店街

 整骨院、花やさん、文具店、写真スタジオ、ケーキ、鮮魚、衣料、ふとん・・・様々な日用品がそろい、またお土産を販売する観光協会さんのお店もあります。11日は、朝から本当ににぎわっていました。普段使いにここに来る人たちは、どうやってくるのかしら?・・・車だねえ、でも車がない人やお年寄りはタイヘン。バスを検討しているようですが、まだお金の面でいろいろと難しいことがあるそうです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-きらきら

うつくしいです。キラキラ丼。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 すし

これは、キラキラ丼ではありませんが、商工団地近くにあるヤマウチ鮮魚点さんがやっている飲食店「静江館」のおすしです。

さんさん商店街は、

南三陸町志津川御j前下59-1まで、どうぞ。30店舗がお待ちしてます。

松島白菜の餃子:仙台・宮城のおいしいもの

2011年12月03日22:05

 松島湾に浮かぶ小さな島、浦戸諸島をご存知ですか?ここで、大正時代に「松島純2号」という伝統品種の白菜が誕生したそうです。

 3.11の震災のあと、この伝統野菜を守り、育て、広めるプロジェクトが動いているそうです。宮城県で「食」を学ぶ場として活躍している明成高校さんと、その卒業生さんたちで運営する、食環境デザインユニット「リエゾンキッチン」。お味噌汁を大切に・・とMisoでSmileという取り組みを拝見したことがありましたが、今回は、松島白菜の取り組みだそうです。

 珍しくテレビをつけていたら、このニュースを目撃!明成高校さんやはちや食品の蜂屋専務がでていました。

 そんなニュースを小耳にはさみながら、仙台駅前のパルコさんを通りかかると、1階にある「清川屋」さんにて「はちやの松島白菜餃子」を発見!!

 ゲットしてきましたー。

パッケージ、かわいいです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松島白菜 餃子 はちやの餃子

開けてみると、いつものはちやさんの餃子より、ちょぴっと女性っぽい気がします。ナンデカナ?

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松島白菜 餃子 はちやの餃子

 焼いてみましたー。

 餃子の焼き方だけはウマイ、と実家の母にほめられていたのですが、今思えば、餃子を焼く手伝いをさせたかったのかも・・・。今回のできばえも、まあまあかな。どーですか?はちや専務?

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松島白菜 餃子 はちやの餃子

 齧りかけで、ごめんなさい。中は、こんな感じです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松島白菜 餃子 はちやの餃子

 松島白菜餃子、とてもおいしいです!白菜のシャキシャキ感があるし、そして餃子の皮はもっちりして、おいしいです。さすが、はちやさん。また、パルコの清川屋さんに買いにいこー。

 震災後、いろいろなところで、復興の姿が見えてきました。「以前に戻すのではなく」「以前以上に」「新しいかたちを」「たくさんの人の手で」・・・様々な声とともに。

はちや食品さん⇒http://www.hachiya-foods.co.jp/

明成高校さん⇒http://www.hgm.ed.jp/

もくもくランド おもちゃ箱のような道のえき

2011年05月10日09:17

 登米市の道の駅は、それぞれに特徴があって、どこの道のえきにいっても楽しいです。今日、仙台の勾当台公園にきていた「もくもくらんど」は、津山にある道の駅です。

 私も、何度もいったことがあるのですが、「おもちゃ箱」のような道の駅です。建物にも地元の杉の木材がふんだんに使われていますが、販売されているのも杉の木材を使用した、やさしいクラフトたち。

 もくもくらんどには、木工クラフトのショップ以外に、野菜の直売所、物産センター、お食事処、広場などがあります。

 もくもくらんどのサイト⇒http://moku2land.com/

 自然な優しさの木工クラフト、実は私も「オルゴール」「コースター」「手帳」などたくさん持っています。ほかに、どんなクラフトがあるのかは、こちらのサイトから。

 もくもくハウトのサイト⇒http://moku2.biz/

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 登米 栗原 勾当台 復興市

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 登米 栗原 勾当台 復興市

 明日の勾当台での復興市には、来れないそうなので、興味をもった人は、ぜひ「現地へGO」してください。

店名:道の駅「津山もくもくらんど」

住所:宮城県登米市津山町横山字細屋26-1

TEL:0225-69-2341

明日も! 復興市 in 勾当台公園 仙台

2011年05月09日22:42

 今日は、仙台市青葉区の勾当台公園にいってきました。南三陸町、登米市、栗原市などの産品がたくさん並んでいました。あちこちで、おしゃべりいながらお買い物をしていると、いつのまにか閉店時間になってしまった!のです。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 登米 栗原 勾当台 復興市

 うわー、まだ買い物おわってなーい。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 登米 栗原 勾当台 復興市

南三陸町

 のりなどの海産物⇒カネサ海苔さんの「寒磯のり」がお気に入り。そのまま食べてもオイシイです。

 うにごはん、ほたてごはん、海鮮はっと、ふのり味噌漬けなど⇒松野のお母さんが登場してます。

 

 お花、鉢植え、など。

登米市

 米粉、名産のあぶらふ、サクライさんちのムース、もくもくらんどの矢羽細工などが並んでました。

栗原市

 米粉のパン、もちっこやでんさんのしんこもち、野菜、いちご、山菜など

米沢市さんのワゴンがありましたねー。そこまでたどり着けなかったのですが。

今日、きていたみなさんは、いつも販売を一緒にしている仲間さんだったり、声かけあっている協力者だったりするそうです。市町村という行政区割りをこえての連携は、すばらしいです。

そして、あの松野のお母さんもきていました。スゴイですよ、お母さんが立っていると、「あら~、アンタ・・」とたくさんの人が声をかけてきます。人気者です。お母さんは、その都度、ちゃんと挨拶をかえし、「会話」をします。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 登米 栗原 勾当台 復興市

今日は、TBCのラジオの取材もきていました。ラジオの担当の方が感心していました。「声が通るよね~。最後の挨拶なんか、20代みたいだったねー。」と。立ち聞きしていた私も、そう思いました。

明日、5月10日も、10時すぎくらいから15時くらいまで、勾当台公園で開催しますとのこと。お昼ごはんに、うにめしと、はっとがいい組み合わせではないかなー、と思います。

あ、海鮮やきそばもいいかも、です。

勾当台公園 ⇒

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4ADRA_jaJP385JP385&q=%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%E8%8B%A5%E6%9E%97%E5%8C%BA%E8%8D%92%E4%BA%95%E5%AD%97%E9%AB%98%E5%B1%8B%E6%95%B78-10&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%E8%8B%A5%E6%9E%97%E5%8C%BA%E8%8D%92%E4%BA%95%E9%AB%98%E5%B1%8B%E6%95%B7%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90&gl=jp&ei=7d_HTdr7EIi6vQODyOmQAQ&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1&ved=0CBkQ8gEwAA

だれか知りませんか? 5月9日-10日

2011年05月04日20:40

 先日、南三陸の松野のお母さんのことを書きましたが、きたる5月9日と10日に、登米市と南三陸町の物産がでる催しが、勾当台公園(仙台市青葉区)で開催されると聞きました。

 時間や、出店のみなさんの情報など、どなたかお持ちではありませんか?ネットでさがしても、あまりでてきません。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松野商店 ふのり味噌漬け 南三陸 復興市

 ちなみに、松野のお母さんの「ふのり味噌漬け」を、お椀にちょっととってお湯を注ぐだけのカンタン味噌汁の写真です。

南三陸:ほたてごはん ふのり味噌漬け

2011年05月01日09:27

 南三陸の福興市(復興市)は、町の人たちにも「しばらくぶりで町の皆と会えた」という機会にもなったそうです。

 勾当台公園などの地場産品販売に、とにかくいつも元気に登場していた、松野さんのお母さん。なつかしくて声をかけたら、いろいろなお話をしてくれました。震災当日、自分も病気で入院していたこと、とにかく逃げた!こと、津波の恐ろしさ、まだみつかっていない人がいること、被害の状況を観光のように見に来る人のこと・・・。

 「町の人たちにも、いろいろな考えや意見がある。でも、残った人の中でできることはやろうという考えに、賛成。」

 今日は、「ほたてごはん」「あさりごはん」「ふのりの味噌漬け」「うめひじき」などの加工品を販売。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 松野商店 復興市 ほたてごはん

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-松野商店 南三陸 復興市 福興市 ひじき

 松野のお母さんのところも、加工場は高台にあってなんとか使える状態だそうです。が、漁場が被害を受けたので、仕入れに苦戦。現在は、被害の前にとれたものを使って、製造、販売をしているそうです。

 松野のお母さんが言っていました。「南三陸町は、ぜったいに一番早く復興する。」と。「工場も店舗もなにもかもなくした山内鮮魚店の山内さん(社長さん)が、やっぺ、って言ってるんだよ。できることはやらなきゃ、ね。」

 こういう惨事のときに、やはり「コミュニティの力」がどれだけだせるのか、で、復興の速度は変わっていくのだと感じました。先日うかがった田代島でも、「仁斗田地区、大泊地区、と地区別に・・なんていっている場合じゃない。島をあげて、どうするかを考えていかなくてはいけない。」というお話を聞きました。

 コミュニティという単語が、現実的に感じられた1日でした。

 

南三陸町:復興市ならぬ、福興市!!

2011年04月30日22:36

すごいです、ここの町は!

南三陸町。

津波の被害で「町がまるごとなくなった」という表現が使われたところです。

「すごい」のは、被害の話ではありません。復興にかける思いの強さの「すごさ」です。

今日は、町の商工会や観光協会などが実行委員会を結成し、「福興市」が開催されました。会場の志津川中学校は高台にあり、被害をまぬがれましたが、会場から見下ろすと町にはほとんど建物が残っていません。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸町 津波

が、この町の復興にかける思いは、すばらしいです。

町の人たち、町を応援する人たち、町の支援のために物資を持参した他県の商店街や組合の人たち・・・たくさんの人たちで、志津川中学校はいっぱいでした。町長も自ら、会場にかけつけていました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-南三陸 復興市

各お店での買い物は、地域通過のタコ(1タコは、1円に相当)も使え、また、円の現金でもOK。カレー、そば、たいやき、コーヒーなどの食品もあり、衣服、文具、日用品なども格安で出品されていました。

いつも、仙台市内の催事場で元気な姿を見せてくれる「松野商店」のお母さんもいらっしゃいました。海産物や、海産物をつかった加工品(たきこみごはん、みそしる、など)お話を聞くと、震災当日、志津川病院に入院中だったとか。脱走するかのように、病院から高台にある自宅に避難したそうです。現在は、手術も終わり、ムリをしなければ店頭にも建てるようになって、元気な声と、にこやかな笑顔をふりましていました。

震災後の田代島、そう、ネコの島

2011年04月29日23:58

 石巻市の田代島といえば、そうです、ネコの島です。島の人口は、約80人。ネコは人間よりも多いといわれています。震災後、田代島行きのフェリーも1日2便まで復旧したので、お世話になっている、民宿「はま屋」さんに、昨年度お世話になったお仕事の件などの報告に伺いました。

 田代島行きのフェリー乗り場は、震災の被害で使用できなくなり、工業地にある港から出発。田代島でも大泊港が使用できず、仁斗田港のみを使用しています。が、仁斗田港の被害も大きく、ネコたちが戯れていた仁斗田港待合所もなくなっていて、芝生の公園は水没。漁師さんたちの施設も被害を受けました。

 
仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島 仁斗田

“なんだかあっさりしてしまった仁斗田港”

 島は津波被害の片付けも完了していませんが、皆さんお元気のご様子。(津波による人的被害がなかったわけではありません。)

 打合せ中も、何度か地震がありましたが、島で体験する地震ははじめて。海の向こうから地震が海底を伝って進んでくるような「ゴーッ」という地鳴りがして、グラッときます。「でも、この“ゴーッ”が聞こえなくて、急にどん!とくるのがこわい地震だ」とはまやのご主人におしえていただきました。

 帰りは、15時35分発のフェリーの予定でしたが、なんと欠航に!機械の故障だそうですが、仙台に戻れなくなってしまったのでした。いまは営業をお休みしている「はまや」さんに、お願いをして泊めていただくことに。

 もちろん、今は漁ができないので、新鮮な魚はおあずけ。その代わり、たらの芽などの山菜をいただきました。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島 たらの芽
“てんぷら”

 ネコちゃんたちの無事も確認できているそうですが、ライフラインがまだ復旧していません。

水道・・・あと、3ケ月くらいかかるかもしれないとか。島では井戸水も有効利用しています。

電気・・・現在は、時間制限があります。朝6時から午前中の9時まで、と、午後4時からと

午後9時まで、この間に電気が流れます。発電機のようなものを使っているようです。

仙台のおいしいもの・宮城のおいしいものをご紹介-田代島 井戸 弘法の井戸
弘法様の井戸。皆さん、協同で使用しているそうです。

ライフラインが復旧したら、また、たくさんのお客さんにきてもらって、ネコちゃんが遊んでもらえるとイイなあと思うのでした。